ソリトン、標的型攻撃対策ソフトZerona新バージョンをリリース 運用・管理面の向上で大規模環境にも対応

@Press / 2012年7月31日 16時30分

Zerona画面イメージ
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、標的型攻撃に対抗するマルウェア対策ソフトウェア「Zerona(ゼロナ)」の新バージョンV3.2.5を、本日7月31日に販売開始しました。

標的型攻撃などの高度なサイバー攻撃を防ぐために、様々なセキュリティ対策の導入が進んでいますが、いかに高い検知・防御機能を備えていても、正しく活用されなければその効果は発揮されません。「守り」の甘い部分が狙われる近年の攻撃傾向からも、セキュリティ対策の運用や管理の重要性が増しています。

標的型攻撃に対抗するソリトンの「Zerona」は、脆弱性を利用した攻撃を検知・ブロックするPC用マルウェア対策ソフトウェアです。パターンマッチングとは異なる方式で、Windows端末にインストールしたソフトウェアが、攻撃コードの実行そのものをブロックするため、端末側に負荷をかけません。新種のマルウェアを検知する4つのエンジンが搭載されており、攻撃活動をしていない状態でのマルウェアの侵入や脆弱性を悪用していないマルウェアについても検知できるのが特徴です。

今回の新バージョンZerona V3.2.5では、ソリトンのクライアントセキュリティ製品での経験を生かして、Zeronaエージェント管理機能を大幅に改善し、管理面における「守り」も強化しました。管理サーバー側からZeronaエージェントに対して、バージョンアップや各種設定のプッシュ配信ができるようになったほか、スケジューリング設定によって、大規模環境においてもネットワークの負荷を考慮しつつ設定変更やバージョンアップを徹底することができます。ライセンス期限の事前通知やライセンス期限が近い端末を検索する機能も追加され、ライセンス更新忘れや管理ミスによるZeronaエージェントのエンジン停止を防ぐよう設計しました。
管理機能の強化に加え、コード実行型攻撃から脆弱性を防御する「Zerona Z1」、各種マルウェア対策エンジンが追加されたフル機能版の「Zerona Z4」の両モデルとも、Windows 7の64bit環境や仮想デスクトップ環境に対応し、より幅広い環境で利用できるようになりました。

また、基幹系ネットワークでは、セキュリティ対策の一環として他ネットワークから切り離されているケースがすくなくありません。この場合、インターネットや管理サーバーと通信ができないため、パターンマッチング方式のウイルス対策ソフトでは、パターンファイルが更新されず利用できないという特有の問題があります。
パターンファイルに依存しないZeronaは、こうしたオフライン端末のマルウェア対策としても最適ですが、一方で導入や管理に手間がかかるなどの課題がありました。今回Zerona V3.2.5では、ポリシー設定やライセンスをあらかじめ投入した状態でZeronaエージェントをインストールできるようになり、オフライン端末向けのマルウェア対策として活用しやすくなりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング