JP-Secure、対応OSを拡充したホスト型WAF製品「SiteGuard Lite」Ver1.10リリース

@Press / 2012年7月30日 14時30分

設定画面例
株式会社ジェイピー・セキュア(本社:川崎市幸区、代表取締役:矢次 弘志、以下、JP-Secure)は、ホスト型Webアプリケーションファイアウォール(以下、WAF)「SiteGuard Lite(サイトガードライト)」の新バージョン(Ver1.10)をリリースしました。

昨今、標的型攻撃が大きな社会問題となり、攻撃手法の巧妙化が進むサイバー攻撃に対する国家レベルでの取り組みが本格化しつつあります。一方で、ホームページの改ざんやWebサイトを介した情報漏洩といった「旧来からある」事故も継続的に発生しており、Webサイトのセキュリティ対策はますます重要度を増しています。このような背景から、特に狙われることの多いWebアプリケーションを保護するソリューションとしてWAFの普及が進み、個別システムでの導入はもちろんのこと、ホスティングやクラウドのようなインフラサービスでWAF機能が実装されるケースも増えてきました。

「SiteGuard Lite」の新バージョン(Ver1.10)では、より幅広いお客様にご利用いただけるよう、サポート対応OSを拡充しています。従来対応していたRed Hat Enterprise LinuxとCentOSに加え、近年、利用者が増えつつあるScientific LinuxとUbuntuを新たにサポート対象へ追加しました。近日中には、ホスティング業界で根強い人気のあるFreeBSDにも対応する予定です。その他、初期バージョン(Ver1.00)のリリース以降、お客様から多くのフィードバックをいただきながら、様々な改善や修正を加えて品質を向上させています。


■「SiteGuard Lite」の特徴
1. 高い防御性能を誇るシグネチャ検査機能
実績あるトラステッド・シグネチャをベースとしたブラックリスト型の防御機能を搭載しています。トラステッド・シグネチャの自動更新を使用することで、お客様側で煩雑なチューニングをすることなく、常に最新の脅威に対応できます。検査対象の除外や独自の防御ルール作成など、個別のご要件にも柔軟に対応できるカスタム・シグネチャ検査機能を備え、攻撃検知時の対応を支援するアラート・エラーレスポンス機能も充実しています。

2. ネットワーク構成に影響を与えないモジュール型
Webサーバのモジュールとして動作するため、専用ハードウェアやSSL(HTTPS)通信への考慮を必要とせず、ネットワーク構成を変更することなく導入できます。対応OSであれば、VMwareなどの仮想環境やクラウドサービス上でもご利用いただけます。ソフトウェア製品のため、性能は導入する機器のハードウェアに依存し、拡張性を確保できる点もメリットの一つです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング