「BIGLOBEクラウドストレージ」を丸美屋フーズに納入

@Press / 2012年8月22日 11時15分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/08/120822-a


 NECビッグローブ株式会社(以下 BIGLOBE)とNECネクサソリューションズ株式会社(以下 NECネクサソリューションズ)は、「のりたま」などふりかけ・レトルト製品を中心に扱う丸美屋食品グループにおいて、学校やレストランなどが対象の業務用部門である株式会社丸美屋フーズ(以下 丸美屋フーズ)に、オンラインストレージサービス「BIGLOBEクラウドストレージ」を納入いたしました。
(URL: http://business.biglobe.ne.jp/asp_saas/bmst/ )

 丸美屋フーズでは、これまで全国営業拠点10箇所の月次売上データを共有するにあたっては、紙帳票を郵送で送付しており、売上データの効率的な共有が課題となっておりました。「BIGLOBEクラウドストレージ」の導入により、これらの課題を解決し、大幅な業務効率の改善を実現いたしました。


「BIGLOBEクラウドストレージ」を納入した成果は以下の通りです。

1.売上データのタイムリーな情報共有を実現
 丸美屋フーズでは、月毎の売上データを、全国10箇所の営業拠点間でタイムリーに情報共有することが課題であった。さらに、従来の紙帳票の郵送では、約1,000枚の紙のコストや営業拠点分の送料が高額となっていた。「BIGLOBEクラウドストレージ」を導入することで、オンライン上での月次売上データ保管が可能となり、タイムリーな情報共有や、コスト削減を実現した。

2.セキュアな環境でデータを管理
 BIGLOBEデータセンターで運用されるサービスを採用したことで、売上データのセキュアな保管を実現。データ送受信時はSSLで暗号化しデータ傍受リスクを軽減するほか、データ保管時は自動的にファイルを暗号化するなど、社員が意識することなく安心してオンラインストレージを利用できる。

3.短期間での導入と安全な運用を実現
 「BIGLOBEクラウドストレージ」を採用したことで、管理者画面から必要な利用者設定とフォルダ作成をするだけですぐに利用できるため、短期間での導入を実現。また、営業拠点からは書き込み権限のない閲覧に限定したIDを発行することで、マスタファイルの変更を制限。営業担当は売上管理データのマスタファイルをダウンロードすることで、売上データを必要に応じて加工して利用できるため、安全な運用を実現した。


 BIGLOBEとNECネクサソリューションズは、このたびのオンラインストレージサービスなど様々なクラウドサービスを活用し、今後も企業のビジネス拡大を強力に支援してまいります。

                                 以上


※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング