イングカワモト、PC/タブレット/スマホで使える文書管理システム「booMo(ブーモ)2.0」8月1日(水)発売

@Press / 2012年8月1日 13時0分

株式会社イングカワモト(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:川本 嘉博、以下 イングカワモト)は、企業にある大量の製品カタログや各種マニュアル類、提案書や契約書などの書類を一元管理でき、PC/タブレット/スマートフォン上で簡単に検索・閲覧できる文書管理システム「booMo(ブーモ)2.0」を、2012年8月1日(水)より販売開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


1.「booMo2.0」開発の背景
イングカワモトでは、横断型全文検索が可能な高機能版デジタルブックやカタログ・パンフレットの制作をしており、特にデジタルブックに関しては毎年80,000ページ以上の実績があります。
これまでに大量の製品カタログや各種マニュアル類、提案書や契約書など社内文書のデジタル化の依頼も多くいただいておりますが、昨今ではそれらを、iPad/iPhoneでも共有・閲覧したいというニーズが増えてきております。
イングカワモトでは、昨年12月にiPad/iPhone向けのビューアアプリを備えた文書管理システム「booMo」をリリースしており、おかげさまで大変好評をいただいておりますが、iPad/iPhoneだけでなく、PCでも閲覧したいというご要望を多くいただくようになったことを受け、お客様のビジネスシーンにより高い利便性をご提供するために、この度、PC/タブレット/スマートフォンでご利用いただける「booMo2.0」を開発しました。


2.「booMo2.0」の特徴
「booMo2.0」は、PCの専用ソフトなしで、お手持ちのマイクロソフトのオフィスデータやPDFデータから誰でもカンタンにデジタルブックを作成できます。PCやスマートデバイス標準のブラウザから文書登録画面にアクセスし、お手持ちのデータをサーバーにアップロードするだけで、デジタルブックが自動生成されます。
生成されたデジタルブックは、本棚イメージの文書管理ポータルページに登録され、クリックやタップでそのまま閲覧することができます。ブラウザでの閲覧になるため、文書データをローカル環境にダウンロードする必要がなく、セキュリティ課題もクリアできます。
検索機能としては、単体文書内のワード検索に対応した全文検索、サーバーに登録した複数文書から任意のワードを横断的に検索する横断検索に対応。さらに閲覧ユーザーや部署、文書データのダウンロードや印刷可否を文書ごとに設定でき、文書運用上のセキュリティも実現しました。
また、カタログやパンフレット、マニュアルなどに関しては外部公開することもでき、プロモーションツールとしてもご利用いただけます。
なお、オフライン環境での閲覧を望まれるお客様向けにビューアアプリ(オプション)の年内リリースも予定しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング