データ/音声(IP電話)統合を実現するサービス 「Arcstar IP Voice over Universal One」の提供開始について

@Press / 2012年8月2日 11時15分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」を活用したIP電話サービス「Arcstar IP Voice over Universal One」を、2012年8月6日より提供開始します。

 050番号および0AB~J番号(03や06などから始まる固定電話の番号)のIP電話をお客さまの拠点ごとの通信に必要な番号数・チャネル数が利用でき、「Arcstar Universal One」上で、データと音声(電話)のネットワーク統合を実現します。通信のトータルコスト、管理稼働を大幅に削減し、高品質・高信頼性を確保したデータ通信と共に安定したIP電話をご利用いただけます。0AB~J番号をご利用いただく場合には、データ通信に対して音声の優先制御を実施し、安定した品質を実現します。

 さらに、NTT ComのIP電話サービス(「.Phone IP Centrex」等)、企業向け050IP電話アプリ「050 plus for Biz」等)等を組み合わせてお使いいただくことで、お客さまの事業所だけでなく外出先での円滑なビジネスコミュニケーションを実現します。


1. サービスの特長
(1)音声通信とデータ通信の回線統合による通信コスト削減
 音声通信をIP化し、データ通信回線に統合することで、電話回線の維持にかかるコストや運用負荷を大幅に削減できます。

(2)安価なIP電話利用料金
 データ通信をご利用のお客さまは、月額基本料金が1チャネル当たり609円(税込)にて、IP電話を利用できます。
 また、通話料は、固定電話向け3分8.4円(税込)、携帯電話向け1分16.8円(税込)で、さらに、NTT Comが提供するIP電話サービス(「.Phone IP Centrex」等)や、無料通話先プロバイダ、および「ひかりライン」への通話が無料になります。また、企業向け050IP電話アプリ「050 plus for Biz」を導入したスマートフォンとの無料通話が可能です。

(3)利用用途に応じた番号の選択、組み合わせが可能
 050番号は、ロケーションフリーなため、企業の代表番号や社員の個人番号に利用することで、移転時や異動時も継続利用でき、電話番号の変更・周知等に係る業務稼働の削減が可能となります。
 また、お客さまが従来からご利用の0AB~J番号をそのままお使いいただけます(番号ポータビリティ対応)。代表番号は従来からの0AB~J番号を継続利用しながら、社員個人番号には050番号を利用する、といった組み合わせでのご利用も可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング