音響効果を担当した映画、わずか3年で世界四大映画祭すべてにノミネート

@Press / 2012年8月17日 14時0分

砂浜を歩く音を録音する為に砂の状態を調整する学生
このたび、神戸電子専門学校(神戸市中央区)の学生がスタッフとして参加した短篇映画『solo』(2011年 米澤美奈監督作品)が、8月1日からスイスで行なわれる「第65回 ロカルノ国際映画祭 国際短篇コンペティション部門」に正式にノミネートされました。
本映画祭は、カンヌ・ベルリン・ベネチアと並び、世界四大映画祭に数えられる映画祭で、今回のノミネートによって、本学の講師や学生の関わった映画が、2010年のベルリン、カンヌの両国際映画祭、2011年のベネチア国際映画祭に続き、わずか3年で世界四大映画祭全てにノミネートされたことになりました。

この映画の音響効果スタッフとして、サウンドデザイン(整音)をサウンドクリエイト学科講師の飯嶋慶太郎(37)が、フォーリー(効果音)をサウンドクリエイト学科の川嶋輝久 君(当時2年生)が、アシスタントには、同学科の佐藤尚人 君(同2年)とサウンドクリエイト学科の1年生(当時)5名が参加しています。
ロカルノ国際映画祭は8月1日~11日に開催され、講師と卒業生、学生ら合わせて4名が、8月6日から会場入りし、各賞発表の11日まで監督一行と現地で滞在しました。


■ノミネートされた映画祭の正式名称
日本語  :第65回 ロカルノ国際映画祭 / 国際短篇コンペティション部門
イタリア語:65° Festival del film Locarno
      (Festival internazionale del film di Locarno の表記も有) /
      Pardi di domani Concorso internazionale
英語   :65th Locarno International Film Festival /
      Leopards of Tomorrow international Competition

■映画祭 公式サイト
http://www.pardolive.ch/it/Pardo-Live/today-at-the-festival/2012/LOC65-Line-up/Pardi-di-domani-2012.html?sl=en

■第65回ロカルノ国際映画祭 短編コンペ部門のダイジェストムービー
http://www.pardolive.ch/en/Pardo-Live/today-at-the-festival/2012/day0/Around-the-World-with-short-films.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング