世界デート選手権、世界6カ国 独身男女3,000名の調査で分かった!“日本人は世界一のロマンチスト?”~82%の人が“一目ぼれ”を信じている~

@Press / 2012年8月8日 10時30分

試合結果ダイジェスト
世界最大級(注1)の恋愛・結婚マッチングサイト(注2)マッチ・ドットコム ジャパン株式会社(米国本社:テキサス州、所在地:東京都港区、代表取締役:金野 知行、以下 match.com)は、世界各国の独身男女計3,000名に、デートに対する考え方や行動についての恋愛調査を実施しました。同調査結果を『match.com 世界デート選手権』として本日発表します。
調査結果PDF: http://www.atpress.ne.jp/releases/29188/b_5.pdf


4年に一度のスポーツの祭典にあわせ、世界の独身男女が恋愛を舞台に競い合いました。
今回の調査対象となったのは、アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリア、日本、カナダの6カ国、計3,000名のmatch.com会員。国によって、デートに対する考え方や行動がどう違うかが明らかになりました。
調査結果ダイジェスト: http://www.atpress.ne.jp/releases/29188/a_1.jpg
            http://www.atpress.ne.jp/releases/29188/b_2.gif

・アメリカ人は「デートの回数」第一位!
 昨年、2回以上デートをした人の割合/アメリカ…76%、日本…46%
・日本人は「一目ぼれ」を一番信じている!
 一目ぼれを信じている人の割合/日本…82%、イギリス…58%
・日本人は同棲が一番早い!
 同棲までに必要な交際期間半年以内の割合/日本…51%、カナダ…14%
・日本は肉食女子が多い?
 異性に常に自分からアプローチする女性の割合/日本…11%、アメリカ…3%
・オーストラリア人はキスが最も早い!
 初デートでキスする人の割合/オーストラリア…39%、日本…7%

注1)comScore Media Metrix、2005年11月調べ
注2)恋愛・結婚マッチングサイト:インターネットで結婚相手や恋人を探す事ができるサービスで、希望する相手の年齢や性別、居住地、趣味などの条件を設定し、条件にあった相手を登録会員の中から探すことが可能。


■調査結果 ハイライト
・アメリカ人は「デートの回数」で第一位!
 昨年一年間で、2回以上デートをした人の割合/アメリカ…76%、日本…46%
・日本人は「一目ぼれ」を一番信じている!
 一目ぼれを信じている人の割合/日本…82%、イギリス…58%
・日本は肉食女子が多い?
 好きな人には常に自分からアプローチする女性の割合/日本…11%、アメリカ…3%
・日本人は同棲に踏み切るのが一番早い!
 同棲までに必要な交際期間半年以内と答えた割合/日本…51%、カナダ…14%
・オーストラリア人は「最初のデートでキスする」可能性が最も高い!
 初デートでキスする人の割合/オーストラリア…39%、日本…7%
・イギリス女性は割り勘OK!
 デート代を2回に1回は自分が払う女性の割合/イギリス…52%、日本…22%
・アメリカ人は恋バナ好き!
 デートの内容を友人に細かく話す人の割合/アメリカ…32%、日本…10%
・フランス人は友人の意見に左右されない!
 デート相手に対する友人の意見は「重要でない」人の割合/フランス…74%、アメリカ…30%
・オーストラリアは、人前での愛情表現が最も盛んな国!
 人前での愛情表現があればある程良いと思う割合/オーストラリア…22%、日本…6%


■match.com 世界デート選手権 結果詳細
【Q1】昨年一年間で何回、デートがありましたか?
<なし>
アメリカ:10% カナダ:16% イギリス:16%
フランス:22% オーストラリア:32% 日本:37%

<1回>
アメリカ:13% カナダ:14% イギリス:16%
フランス:15% オーストラリア:21% 日本:17%

<2-3回>
アメリカ:26% カナダ:28% イギリス:29%
フランス:31% オーストラリア:27% 日本:26%

<4-5回>
アメリカ:20% カナダ:19% イギリス:19%
フランス:16% オーストラリア:10% 日本:11%

<6-10回>
アメリカ:17% カナダ:14% イギリス:12%
フランス:9% オーストラリア:6% 日本:4%

<10回以上>
アメリカ:14% カナダ:10% イギリス:7%
フランス:7% オーストラリア:3% 日本:6%

昨年一年間で2回以上デートをしたと回答した人は、アメリカが一位で77%、二位以下はカナダ(71%)、イギリス(67%)と続きました。アメリカでは、4回以上初デートをした人の割合も51%と、全体の過半数にのぼります。一方の日本人は、デートが一回もなかった人の割合が37%と、6カ国中最もデートが少ない結果となりました。


【Q2】女性のみ回答:自分から男性をデートに誘ったことはありますか?
<はい>
アメリカ:62% カナダ:63% イギリス:58%
フランス:40% オーストラリア:52% 日本:54%

<いいえ>
アメリカ:38% カナダ:37% イギリス:42%
フランス:60% オーストラリア:48% 日本:46%

カナダとアメリカの女性は、63%、62%と自分から誘ったことのある割合が最も多い。フランス女性は40%と最下位。


【Q3】男性のみ回答:女性からデートに誘われたことはありますか?
<はい>
アメリカ:70% カナダ:67% イギリス:70%
フランス:52% オーストラリア:53% 日本:33%

<いいえ>
アメリカ:30% カナダ:33% イギリス:30%
フランス:48% オーストラリア:47% 日本:67%

アメリカとイギリスの男性は、女性から誘われたことのある割合が70%と最も高い。一方、日本は33%と最も低い結果に。前問と見比べると、日本の場合、少数の男性が複数の女性から誘われるという構図が伺えます。


【Q4】好きな人に自分からアプローチしますか?
<常に>
アメリカ:40%(男性) 3%(女性) カナダ:34%(男性) 3%(女性)
オーストラリア:24%(男性) 2%(女性) 日本:27%(男性) 11%(女性)

<時々>
アメリカ:53%(男性) 47%(女性) カナダ:59%(男性) 54%(女性)
オーストラリア:65%(男性) 52%(女性) 日本:48%(男性) 42%(女性)

<まれに>
アメリカ:6%(男性) 43%(女性) カナダ:7%(男性) 37%(女性)
オーストラリア:7%(男性) 36%(女性) 日本:21%(男性) 37%(女性)

<しない>
アメリカ:0%(男性) 8%(女性) カナダ:1%(男性) 7%(女性)
オーストラリア:4%(男性) 9%(女性) 日本:4%(男性) 11%(女性)

日本女性は、「常に自分からアプローチする」という人の割合が11%と、6カ国の女性の中で最も高い割合。一方、日本男性は「まれに」と「しない」という人をあわせると25%と、6カ国の男性の中で最もアプローチしない割合が高いという結果に。日本女性が自分からアプローチするのは、消極的な日本男性が多いがゆえ、ともいえそうです。


【Q5】あなたは一目ぼれを信じますか?
<はい>
アメリカ:61% カナダ:66% イギリス:58%
フランス:73% オーストラリア:61% 日本:82%

<いいえ>
アメリカ:39% カナダ:35% イギリス:42%
フランス:27% オーストラリア:39% 日本:18%

日本は、一目ぼれを信じる人の割合が6カ国中で最も多く、実に82%にのぼりました。次に多かったのがフランスで73%。日本人とフランス人は、インスピレーションや美に対する憧れが強いという共通点が伺えます。


【Q6】あなたは何回目のデートでキスをしますか?
<初デート>
アメリカ:38% カナダ:29% イギリス:36%
フランス:15% オーストラリア:39% 日本:7%

<2回目のデート>
アメリカ:43% カナダ:44% イギリス:45%
フランス:22% オーストラリア:37% 日本:13%

<3回目のデート>
アメリカ:12% カナダ:14% イギリス:10%
フランス:7% オーストラリア:8% 日本:18%

<3回目のデート以降>
アメリカ:5% カナダ:8% イギリス:5%
フランス:4% オーストラリア:7% 日本:17%

<正式にお付き合いしたら>
アメリカ:3% カナダ:5% イギリス:5%
フランス:52% オーストラリア:9% 日本:45%

オーストラリア人は、最初のデートでキスをする可能性が39%と最も高い。フランスと日本を除く4カ国では、2回目のデートまでにキスをする人の割合が70%以上にのぼりました。そして、フランス人の52%、日本人の45%は、正式なお付き合いをしてからキスをすると回答。


【Q7】同棲するまでどの位長く付き合うことを期待しますか?
<1か月かそれ以下>
アメリカ:1% カナダ:0% イギリス:1%
フランス:4% オーストラリア:2% 日本:4%

<2-3か月>
アメリカ:3% カナダ:3% イギリス:2% 
フランス:8% オーストラリア:11% 日本:19%

<4-6か月>
アメリカ:12% カナダ:11% イギリス:14%
フランス:20% オーストラリア:20% 日本:28%

<7-11か月>
アメリカ:18% カナダ:17% イギリス:19%
フランス:18% オーストラリア:17% 日本:9%

<1年>
アメリカ:42% カナダ:47% イギリス:47%
フランス:31% オーストラリア:31% 日本:16%

<2-3年以上>
アメリカ:10% カナダ:15% イギリス:14%
フランス:16% オーストラリア:11% 日本:3%

<結婚せずに同棲することはない>
アメリカ:14% カナダ:8% イギリス:3%
フランス:5% オーストラリア:8% 日本:22%

日本人の22%は、結婚せずに同棲することはないと回答。一方で、同棲派の日本人は半年以内での同棲を望む人が51%と、同棲するまでに長く時間をかける必要はないと考える人が多いようです。それに対して、アメリカ、カナダ、イギリスでは過半数の人が、同棲までに1年以上は必要と回答、自分一人の時間を手放したくないようです。


【Q8】初デートではどちらがお金を支払うべきだと思いますか?
<デートに誘った方>
アメリカ:19% カナダ:15% イギリス:8%
フランス:10% オーストラリア:14% 日本:12%

<割り勘にするべき>
アメリカ:10% カナダ:22% イギリス:37%
フランス:20% オーストラリア:28% 日本:17%

<男性が支払うべき>
アメリカ:48% カナダ:35% イギリス:30%
フランス:34% オーストラリア:32% 日本:46%

<どちらが支払ってもOK>
アメリカ:23% カナダ:35% イギリス:25%
フランス:36% オーストラリア:27% 日本:26%

イギリス人は割り勘主義が37%と6カ国中最多、アメリカと日本は「男性が支払うべき」がそれぞれ48%、46%と他国に比べて10%以上高い割合になりました。


【Q9】女性のみ回答:デートで自分がお金を払う頻度は、どれ位ですか?
<ない>
アメリカ:17% カナダ:12% イギリス:7%
フランス:27% オーストラリア:20% 日本:5%

<たまに>
アメリカ:46% カナダ:44% イギリス:30%
フランス:38% オーストラリア:33% 日本:39%

<相手にとって特別な日>
アメリカ:12% カナダ:12% イギリス:8%
フランス:6% オーストラリア:13% 日本:18%

<2回に1回>
アメリカ:22% カナダ:29% イギリス:52%
フランス:25% オーストラリア:30% 日本:22%

<いつも>
アメリカ:4% カナダ:3% イギリス:4%
フランス:4% オーストラリア:4% 日本:16%

フランス女性は、全く払わないという人が27%と、6カ国中で最多。イギリス女性は2回に1回払うという人が全体の52%と過半数を占めました。常に支払うという女性の割合は総じて少ない中、日本女性は16%と、6カ国中で最多。


【Q10】あなたはデートの詳細を友人に話しますか?
<はい、全て話します>
アメリカ:32% カナダ:24% イギリス:29%
フランス:13% オーストラリア:13% 日本:10%

<デートのことは言いますが、詳細は話しません>
アメリカ:60% カナダ:64% イギリス:59%
フランス:53% オーストラリア:68% 日本:60%

<自分のデートのことは友人には話しません>
アメリカ:8% カナダ:11% イギリス:12%
フランス:35% オーストラリア:19% 日本:30%

92%ものアメリカ人が、デートの内容を友人に話すと回答。しかも32%は、全てを詳細に話すと答え、オープンな人間関係を伺わせます。一方、フランス人は、35%の人がデートのことを友人に話しません。日本人がこれに続き、30%の人が話さないと答えています。


【Q11】デートするお相手に関する友人の意見はどのくらい重要ですか?
<とても重要>
アメリカ:15% カナダ:13% イギリス:11%
フランス:6% オーストラリア:10% 日本:9%

<まあまあ重要>
アメリカ:55% カナダ:53% イギリス:49%
フランス:21% オーストラリア:44% 日本:44%

<それほど重要でない>
アメリカ:22% カナダ:25% イギリス:30%
フランス:36% オーストラリア:31% 日本:39%

<まったく重要ではない>
アメリカ:8% カナダ:9% イギリス:10%
フランス:38% オーストラリア:15% 日本:8%

アメリカは70%の人が「友人の意見は重要」と答えています。一方、フランスは74%が「重要でない」という結果に。


【Q12】人前での愛情表現についてどう感じますか?
<心地よくない>
アメリカ:4% カナダ:3% イギリス:6%
フランス:8% オーストラリア:7% 日本:5%

<下品でなければ良い(手を繋ぐなど)>
アメリカ:81% カナダ:77% イギリス:76%
フランス:71% オーストラリア:71% 日本:89%

<あればあるほど良い!>
アメリカ:15% カナダ:20% イギリス:18%
フランス:21% オーストラリア:22% 日本:6%

6カ国の過半数のシングルは、手を繋ぐ程度は良いと回答。オーストラリアのシングルは、よりオープンな愛情表現についてもっとも寛大で、22%が人前での愛情表現は「あればある程良い!」と回答しています。


【Q1】~【Q6】のグラフ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/29188/c_3.jpg
【Q7】~【Q12】のグラフ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/29188/d_4.jpg


■match.com分析総括
今回の調査では、各国男女の意識の違いや共通点について新たな発見がありました。
恋愛に積極的かどうかという点で、デートの回数で見ると日本人は他国に完敗ではありましたが、同棲までに必要と思う交際期間が6カ国中で一番短かったのは、意外な結果でした。日本以外の国では、同棲によりプライベートが制約されることへの抵抗感が強く、独占的な関係を求められる同棲に対してとても慎重な人が多いと考えられます。日本人は、同棲=自由が失われる、という意識は少ないようで、お互いをより良く知ることができる、経済的、時間的なメリットがある等、同棲のプラス面を重視する人が多いようです。
また、恋愛に積極的という点では、日本女性で「気になる人には、常に自分からアプローチする」という割合が他国に比べて多いというのも、驚きの結果でした。これは、自分からアプローチする日本男性の割合が他国に比べて圧倒的に少ないことと大いに関係がありそうです。草食男子が多いがゆえに、仕方なく自分からアプローチする、という女性も少なくないと考えられます。
日本人とはかけ離れた恋愛気質だと思われたフランス人が、意外にも日本人と共通点が多かったことも、注目に値します。一目ぼれを信じることや、自分の恋愛をペラペラ人に話さないこと、キスまでに時間をかけること等の共通点からは、日本人とフランス人が恋愛を美しいもの、秘めやかなもの、ロマンティックなものと捉えているという一面が伺えます。感受性や繊細さという面でこの2カ国は分かり合える部分が多いといえそうです。


■match.com について( http://www.match.com )
match.comは、世界最大級のインターネット・マッチングサービスとして、世界5大陸25ヵ国、8言語にて会員制インターネット・マッチングサイトを運営しています。match.comは、インターネット・マッチングのパイオニアとして1995年の設立以来、常に改善を続け、新たな恋愛のツールを会員に提供してきました。match.comでは、様々な人種、言語、居住地、年齢、性別、趣味、性格、身体的特徴など多種多様なプロフィールをもつ会員から条件を設定し、条件にあった相手を探すことができます。match.comは、日本ではMSN、AOL、ウォーカープラス、So-net、OCN、ORICON STYLE、@Nifty、gooにコンテンツを提供。match.comはIAC/Interactive Corp (NASDAQ:IACI)の営利会社です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「match.com世界デート選手権」2012 【Q1】~【Q6】 【Q7】~【Q12】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング