節電対策ランキング、「ウォシュレットを使わない」が好成績!“感覚”で節電する主婦ほど、実は節電できていないことも判明~節電2年目の今年、レコード節電の必要性が浮き彫りに~

@Press / 2012年8月10日 11時0分

今後さらに電気料金は値上げされると思いますか。
マーケティングリサーチサービスを提供する株式会社ネオマーケティング(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:橋本 光伸)は、電力不足や電気料金の値上げ問題で話題になっている節電への意識を調査するため、20代~60代の主婦500人に対し、「節電意識調査」を実施いたしました。


■主婦の9割、「今後、さらに値上げされると思う」
 ~9月からの電気料金値上げ決定を受けて~

2012年7月25日、東京電力株式会社は電気料金値上げの認可が降りたことを発表し、ついに9月1日からの値上げが決定しました。値上げを受け入れたくないという声が多く聞かれる中、“今後も電気料金は値上げされると思うか”を尋ねた(単一回答)ところ、「さらに値上げされると思う」が37.6%、「どちらかといえば、さらに値上げされると思う」が52.2%と、値上げされると思っているとの回答が約9割となりました。

これまでも家庭の財布の紐を握る主婦にとって電気料金は悩みの種でしたが、今後の値上げを受け、さらにシビアになっていくことが予想されます。電力不足への“協力的節電”から、“家計のため・生活のための節電”へ。節電と私達の生活は切っても切れない関係になりそうです。

▼今後さらに電気料金は値上げされると思いますか。
http://www.atpress.ne.jp/releases/29261/1_1.jpg


■家庭での節電対策ランキング、1位「照明をこまめに消す」
~「ウォシュレットを使わない」が「テレビコンセントを抜く」を上回る~

家庭で使用される電気機器は、テレビ、冷房機器(クーラー)、調理器具、トイレ(ウォシュレットなど)、お風呂(給湯機器)、パソコン、照明など数多くありますが、「“意識”して節電しているもの」について尋ねました(複数回答可)。
その結果、1位「照明をこまめに消す(得票数:465)」2位「冷房の温度を上げる(同:455)」と、特に夏に電気代がかさむ「冷房」や、日常生活で必ず使う「照明」に非常に気を配っていることが明らかに。

上記2つの回答以外では、“節電”から連想しやすい「パソコンの電源を落とす(同:227)」「冷蔵庫の開閉を早くする(同:292)」がほぼ同じ得票数となりましたが、逆に“節電”にはすぐには結びつかない「ウォシュレットを使わない(同:130)」が「テレビのコンセントを抜く(同:104)」よりも意識されているという面白い結果も。

@Press

トピックスRSS

ランキング