1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

中国市場へ日本ブランド・文化を発信 BtoB、BtoCハイブリッド運用の新型の上海最大施設 日本商品体験館「JAPANTOWN」でプロデュース

@Press / 2012年8月10日 13時0分

JAPANTOWN1
株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 ピアラ)はこの度、持ち株会社である比亞莱集団有限公司(中国法人)を通じ、2012年末に上海宝山区にプレオープンする上海三毛国際網購生活広場日本商品体験館「JAPANTOWN」について、同施設の運営法人である上海三毛投資管理諮詢有限公司と同施設デベロッパーである上海三毛国際網購生活広場貿易有限公司との間で、テナント企業のリーシング業務委託契約締結に関しての基本合意をいたしました。

日本側では子会社であるピアラが、同施設の運営法人株主で日本窓口会社でもある株式会社CGM JAPAN(本社:東京都品川区、代表取締役:金田 浩邦、以下 CGM JAPAN)と業務提携の上で、日本のカルチャーおよび日本ブランドを発信すべくファッション、ビューティ、ライフスタイルなどをプロデュースし、日本企業をローリスクでの中国進出をサポートいたします。
単に出店だけでなく総合プロデュースの集合体としてのブランディング、イベントや各種PR企画を施設運営会社、CGM JAPANの3社で協力し展開していく方針です。

■施設名 上海三毛国際網購生活広場日本商品体験館(以下 JAPANTOWN)
物件所有会社 上海三毛国際網購生活広場貿易有限公司
       (国営上場企業 上海三毛企業(集団)股分有限公司100%子会社)

物件運営管理会社 上海三毛投資管理諮詢有限公司(日中合弁企業)

第一期分建築延べ面積は32,500m2。
2012年12月下旬プレオープン予定。JAPAN TOWNは、地上7階建てが2棟、地上3階建てが2棟の計4棟の主構造体
「上海三毛国際網購生活広場」当該用地には第二期以降、様々な国際テーマ商業施設の他、ホテルやオフィス棟などの建設が予定されており、2016年中には合計で建築述面積200,000m2以上(計画中)の巨大な商業地域が完成する予定。
立地は人民広場からハイウェイで20分、地下鉄26分という利便性+新興高級住宅が増え、中間富裕層の増加で商圏は100万人。上海大学やアミューズメント施設などが多数でき、商業施設も順次建設されつつある最後の上海商圏となります。宝山区人民政府が税制優遇などで誘致を積極的に行っており、2016年までの大規模開発計画が行われています。


【提供の背景】
現在、中国市場の内需拡大の期待から多くの日本企業がアジア進出を目指しています。とりわけ中国市場へのその巨大な消費マーケットに目を向ける企業は、大企業から中小企業まで幅広く進出機会を伺っています。他方単独での中国進出は通関や国内配送、契約、許諾問題、広大なエリアへのプロモーションコスト高、売掛債権回収問題など様々な問題を抱え、余儀なく撤退になるケースも多々出ています。そんな中、JAPANTOWNは、中国上海市宝山区人民政府協力の元、国営上場企業である上海三毛企業集団が現地法人がなくても輸出から販売、債権回収、プロモーションまで一気通貫で行え、パイロットテストショップとしても最適な環境を提供できる新型の施設です。


【「JAPANTOWN」のサービス概要】
http://www.atpress.ne.jp/releases/29270/d_4.jpg

<ワンストップサービス概要>
・実店舗およびEC店舗の提供
・店員リクルートから教育・店舗運営までを一括代行
・保税倉庫/一般倉庫の提供をはじめ日本国内から中国国内への物流および流通加工作業の一括代行
・各種税金(関税、増値税等)の支払業務代行
・商品審査等の作業の代行
・中国国内および両国間で発生する代金収受・納税・決済の代行
・出店に必要な中国国内の各種許認可手続き代行
・店舗造作の手配代行
・商品・パッケージの中国国内向けカスタマイズ支援
・上海市内でのリアルプロモーション施策の支援・代行
・その他中国市場進出に伴う各種業務代行

<主な出店者様のメリット>
(1)保税庫が隣接のため、店頭に並べた商品のみ課税で税金過払いなし
(2)3年間賃料据え置き歩率無し
(3)全体の日本ブランドとしてのプロモーションを実施
(4)店舗運営は基本的にはJAPANTOWNが実施し、直接運営も可能。在庫・売上管理は日本からシステムで管理。通貫も日本から加工物流まで一手に代行し、手間は一切不要

<当社プロモーション予定>
日本文化発信のための施設内イベントからテレビ・雑誌へのPR業務、ファッションショーメイクイベントなど日本文化PR業務、WEIBOなどのインフルエンサーによるクチコミ支援など、単独ブランドだけでなく文化としてのPRを共同で行い、中国国内認知アップを高めます。

<価格例(税別)>
1Fの22坪の場所が専有面積平米9元~/日。
現地法人がなくても日本から物を送るだけで店舗が持てます。(日本から集荷⇒加工⇒倉庫管理⇒販売員人件費⇒店舗管理運営)すべて含めて月額80万円程度です。
現地法人がある場合、現地在庫がある場合など管理費が下がります

※上海中心部百貨店では当社調べで、高額家賃や歩率から月間1平米あたり5,000-6,000元が損益分析となっておりJAPANTOWNは3分の1程度を想定しています。

詳しくはお問い合せください。
上海現地法人があるお客様は業務管理費等が15%~段階的に70%程度下がります。

<詳細・申込>
http://www.asia-as.com/japantown.html


■会社概要
商号  : 株式会社ピアラ
代表者 : 代表取締役 飛鳥 貴雄
所在地 : 〒150-6029 東京都渋谷区恵比寿4-20-3
      恵比寿ガーデンプレイス29F
設立  : 2003年3月
事業内容: マーケティング支援事業、広告代理事業、通販支援事業
資本金 : 2,000万円
URL   : http://www.piala.co.jp/


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ピアラ 海外事業部
担当 : 葉、関山、戴(ヨウ、セキヤマ、ダイ)
Tel  : 03-6820-0730
E-Mail: kaigai@piala.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

JAPANTOWN2 JAPANTOWN3 JAPANTOWN4

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング