サクソバンク、「2012年第3四半期世界経済予測」を発表 ~ 転換か、さらなる現実逃避か―決断のとき ~

@Press / 2012年8月10日 12時30分

デリバティブ取引の世界的大手であるサクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)の100%子会社であるサクソバンクFX証券は、2012年9月までの世界経済の見通しを簡潔にまとめた「2012年第3四半期世界経済予測」(日本語翻訳版)を発表しました。

全文レポート(無料)はこちらからダウンロード
http://www.saxobank.co.jp/whatsnew/2012/08/20123.html


「先延ばしは現実逃避の最も致命的な形である」 (C・ノースコート・パーキンソン)

サクソバンク予測チームは、株式市場と世界経済の1年後、2年後、5年後について現在よりずっと明るい見通しを持っています。
ただし、「それぞれ」、「なるべく早く」、「できれば」2012年中に底を打つことが前提となります。アジア、ヨーロッパ、アメリカのいずれにおいても現状を打破するためのアクションはとられていませんが、先延ばし策の使い回しも間もなく限界に達し、「転換への負託」が現実となる可能性が高まっています。
2012年は下半期に入り、いずれの国でも財政出動、中央銀行による資産買い取り、過去最低の金利の維持というこれまでに打ち出した政策の第2弾を打ち出そうとしています。政策効果は理論的には第1弾と同じですが、実際にはゼロにゼロを掛けるに等しい結果に終わってしまいます。しかし、同じことを繰り返すだけでは状況が改善されないことが最終的かつ速やかに認識されるのであれば、それはグッドニュースというべきでしょう。金融の歴史は、失敗のみが転換と新たな始まりをもたらすことを示しています。


「2012年第3四半期世界経済予測」は次の分野をカバーしています。
・経済展望
・政策金利
・FX、為替市場
・FXオプション
・株式市場
・商品(コモディティ)市場

※本レポートは7月23日に英文で本社より発表されたレポートを日本語に翻訳したものとなります。


【サクソバンク(Saxo Bank A/S)について】
サクソバンクは、オンライン取引と投資を専門とするグローバル投資銀行です。最先端のオンライン取引プラットフォーム「SAXOTRADER」、「SAXOWEBTRADER」と「SAXOMOBILETRADER」を通してFX、CFD、株式、先物、オプションなどデリバティブ商品のポートフォリオ管理を20以上の言語で提供しています。個人富裕層と機関投資家向けのサービスはサクソバンク・アセット・マネジメント(Saxo Asset Management)を、リテール部門向けのバンキングとアドバイスのサービスはサクソバンク・プライベートバンク(Saxo Privatbank)をそれぞれ通して提供しています。サクソバンク・グループは本社をコペンハーゲンに置き、欧州、アジア、中東、中南米、オーストラリアで業務を展開しています。

詳細はウェブサイトをご参照ください。
URL: http://www.saxoworld.com/mediacentre/quarterly-outlook


【サクソバンクFX証券株式会社について】
社名  : サクソバンクFX証券株式会社
      第一種金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第239号
      商品先物取引業者 経済産業省および農林水産省許可
所在地 : 〒106-0041 東京都港区麻布台1-7-2 神谷町サンケイビル10F
加入団体: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、
      日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
URL   : http://www.saxobank.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング