ネットワーク障害のアラートの自動取得など、インシデント管理の自動化オプションの利用が可能になったITサービス管理ツール「Bit Cruiser Process Management」新バージョン1.5を提供開始

@Press / 2012年8月21日 11時0分

項目連携機能
ITホールディングスグループの株式会社キーポート・ソリューションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 昇、以下 当社)は、ITサービスの品質向上とシステム運用管理の効率化を図るためのITサービス管理ツール「Bit Cruiser Process Management」(以下、BCPM)の新バージョン1.5(以下、本バージョン)を、2012年8月21日に提供開始しました。
本バージョンでは、入力支援機能などの強化に加えて、外部で管理しているインシデントのインポートや、ネットワーク障害のアラートの自動取得が可能なインシデント管理支援オプションの利用が可能になります。
これまでBCPMを利用しているユーザーには、無償で新バージョンを提供します。


BCPMは、企業内の情報システム部門やITサービス・プロバイダ、業務委託先ベンダーが顧客から寄せられる要望やクレーム、障害等に対する迅速かつ適切な対応や、各プロセスの進捗管理と改善、システム運用の効率化を実現するサーバーインストール型のITサービス管理ツールです。障害の過去の類似例の検索、ワークフローや画面項目の柔軟な変更、組織改定による権限変更日を指定するスケジュール管理、CSV形式によるレポート出力、代理人設定、差戻し先指定、イベントのメール通知などの多彩な機能により、ITサービス運用管理業務の効率化が可能です。


本バージョンでは、従来の機能に加え、インシデントの入力ミスを減らすための項目間連携機能や、ユーザーが用意した入力方法などのマニュアルファイルの参照を容易にできるファイルポップアップ機能を搭載しました。
また、本バージョンより、Excelなどで管理しているインシデント情報のインポートや、ネットワークやサーバー監視ツールのアラートをインシデントとして自動取得できるインシデント管理支援オプション「Bit Cruiser Integrated Monitoring」(以下、BCIM)も提供します。このアラートの自動取得は、ITホールディングスグループの株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズが提供する監視ツール「MoonWalker」とも連携が可能です。


BCPMについて、詳しくは下記URLをご参照ください。
Bit Cruiser 公式サイト >  https://www.bitcruiser.jp/


■本バージョンの新機能
○ファイルポップアップ機能
インシデントや問題の入力画面に、ユーザーが用意した任意のファイルをポップアップするボタンを追加することができます。これによって、例えば、インシデント管理画面と問題管理画面それぞれの画面専用の詳しい入力方法などのマニュアルを用意してポップアップすることができます。新しい入力画面を作成しても、ユーザーは即座にマニュアルを参照して正しい入力を行うことが可能になり、入力内容の品質向上が期待できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング