日経BPコンサルティング調べ「企業で必要なスキルと大学教育に関する調査」若手社員の「ビジネス・クリエイティビティ」の重要性が浮き彫りに

@Press / 2012年8月21日 10時0分

図1
株式会社日経BPコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)はこのほど、「企業で必要なスキルと大学教育に関する調査」を実施し、その結果をまとめた。

調査した若手社会人のスキル22項目に対する評価を見ると、「課題設定力」や「創造力」、「伝達力」、「視覚化力」などの不足が目立ち、若手社会人には「ビジネス・クリエイティビティ」が求められていることが浮き彫りになった。クリエイティビティは従来、デザイナーやプログラマーなどの一部の職種だけに求められる資質だととらえられる傾向があった。しかし、本調査を通じて、クリエイティビティは「日々の仕事に必要とされる」ものであり、若手社会人にも欠かせないスキルであることが、明らかとなった。また「複数のメンバーで協働してまとめ、わかりやすく表現し、関係者にうまく伝える『アウトプット力』が今後のビジネスで重要になる」ことに強い支持が集まった。

この調査は、企業の人事担当者ではなく、企業で実務に携わる人々を対象とした。具体的には、最近1年間で仕事に関する指導・助言をした経験のある40歳代管理職と、指導・助言を受けた経験のある20歳代若手社員に、対象者を絞り込んで実施した点に特徴がある。

なお、本調査結果については、「次代を担う人材育成のための大学教育」をテーマとした「2012 Adobe Education Forum」(同サイトは http://www.adobe-education.com/jp/event/2012aef/ )(2012年9月12日(水)午後開催)で、より詳しく解説する予定。


●「日々の仕事にクリエイティビティが必要」が8割
この調査では、「日々の仕事にクリエイティビティ(創造性)が必要だ」ということへの賛否を、現時点および以前の考えとして、4段階で尋ねたところ、40歳代、20歳代ともに8割前後が支持した(図1)。

また、「今後のビジネスでは『アウトプット力』が重要になる」ことへの賛否を6段階で尋ねたところ、40歳代、20歳代ともに96%が支持した。「非常にそう思う」が約3割を占め、高い比率を示したことも特徴である。なお、調査対象者には、「考えや物事を複数のメンバーで協働してまとめ、わかりやすく表現し、関係者にうまく伝えること」を「アウトプット力」と呼ぶという定義を提示している(図2)。

図1・「日々の仕事にクリエイティビティ(創造性)が必要だ」ということへの賛否:
http://www.atpress.ne.jp/releases/29398/A_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング