1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

累計発行部数200万部の人気絵本シリーズ「くまのがっこう」 作者書き下ろし短篇集刊行記念『スーパーマーケットフラワーズ朗読会』開催決定 カンフェティでチケット発売

@Press / 2022年1月14日 10時0分



株式会社サニーサイド(東京都港区、代表:あいはらひろゆき)主催による『スーパーマーケットフラワーズ朗読会』が2022年2月6日(日)にブックハウスカフェ(東京都千代田区)にて開催されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて1月14日(金)10:00より発売開始です。


カンフェティにて1月14日(金)10:00よりチケット発売開始
http://confetti-web.com/supermarketflowers
公式ホームページ
https://www.sunny0412.com


画像 : https://newscast.jp/attachments/3ktnz4pvkrRqyGlJaoNc.jpg


累計発行部数200万部の人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の作家あいはらひろゆきがコロナ禍に書き下ろした珠玉のショートストーリー集「スーパーマーケットフラワーズ~奇跡についての小さな7つの物語」の刊行記念朗読会。
Pintarestで人気を博した南雲凜、中満心優の心の沁みる朗読と村山祐季子による生ピアノをお楽しみください。
当日はあいはらひろゆきのサイン会も実施します。


あいはらひろゆき プロフィール


<生まれ>
生家は仙台の広瀬川の近く、子どもの頃は河原で走り回っていました。
<デビュー>
1999年の長女誕生を機に絵本と出会い、毎日せっせと読み聞かせ。はじめて自分で書いてみた絵本が「くまのがっこう」。娘の送り迎えで、6年通った「わかば保育園」がモデルです。
<家族>
ジャッキーのモデルだった娘は、もう大学生。最近は、もっぱら小学生の息子と遊んでます。


「くまのがっこう」シリーズ


2002年の8月、娘の誕生を機に書いた「くまのがっこう」が発売されました。ぼくにとっても、あだちなみにとっても初めての絵本でした。テキストを入れる場所を考えずに絵を描いたので、なんとか隙間を見つけてテキストを入れ込んだのを覚えてます。1冊目の黄色い本を見ると、それがよくわかりますよ。笑。最初はまったく売れず、書店さんから「タイトルには何の特徴もない、作者は新人、売れるわけないですよ」と言われました。「そりゃ、そうだよなあ。新しい仕事見つけなきゃ」と結構まじめに考えていました。でも、おかげさまで、もうあれから18年、シリーズも20作を越えました。ほんとにずっと応援してくださる皆さまのおかげです。
2017年の15周年サイン会では、昔からのファンの方が高校生くらいのお嬢さんを連れて来てくれて、「あのときはまだちっちゃかったこの子が、こんなに大きくなりました。今でも親子でファンです」と言ってくれて、とってもうれしかったです。一気にブレイクするのもすごいことですが、地道に長く続けることのほうが、ぼくは好きです。最初は何もわからずに始めたものでも、50年、100年と続けば、それは「文化」になるのです。自分が死んだ後になっても、自分の作品が読み継がれるとしたら、それは作家にとって、もっともしあわせなことなのです。
あいはらひろゆきのひとり出版社 株式会社サニーサイド
https://www.sunny0412.com/greeting


公演概要


『スーパーマーケットフラワーズ朗読会』
開催日時:2022年2月6日(日)
     開演時間 14:00/17:00 ※開演時間30分前
会場:ブックハウスカフェ(東京都千代田区神田神保町2丁目5−3 北沢ビル 1階)
■チケット料金
全席自由 2,200円(税込)




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください