アクティブコア、「ac cruiser」に第三者配信サーバに対応したセグメント分析レポート機能を提供

@Press / 2012年8月28日 9時30分

株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、アクセス解析・広告効果測定ツール「ac cruiser(エーシークルーザー)」の新機能として、第三者配信サーバに対応したセグメント分析機能を9月より販売開始します。


新機能は、第三者配信サーバ(アドネットワーク)により配信されたアドネットワーク上の広告に接触した人のサイト内の行動履歴データを分析することができます。これにより、アドネットワーク上で展開する広告やキャンペーンに接触した人が、一定の時間経過後、検索して広告主サイトにアクセスするキーワード(ビュースルーサーチキーワード(注1))とコンバージョンしたキーワード(ビュースルーサーチコンバージョン(注2))を分析できるようになります。

従来、アドネットワーク上の広告に接触した人のデータを分析するには、第三者配信サーバ上と広告主サイトの膨大な生データが必要となるため、管理画面上で、ビュースルー分析を容易に行うことができませんでした。広告主は、新機能を利用することで、広告やキャンペーンに接触した人が、その後も継続して広告主サイトを訪れている人数(ユーザ数)を把握することができ、ビュースルーサーチキーワードを分析することで、広告やキャンペーンに接触した人が狙い通りに態度変容しているかどうかを判断することができるようになります。

以下、第三者配信サーバに対応したセグメント分析レポートで提供する主な機能です。
1.第三者配信サーバで配信される広告に接触後、広告主サイトへ訪れているユーザ数、平均訪問回数、平均PV数、平均滞在時間(秒)、直帰率をレポート。

2.ビュースルーサーチキーワードとビュースルーサーチコンバージョンをレポート。検索キーワード以外に、直接流入、他サイト、ソーシャルメディア、メールマガジン、バナー広告、リスティング広告を含むマルチチャネルの計測に対応します。

3.第三者配信サーバで配信される広告に接触後、広告主サイトへ流入する入口ページ、ページ遷移、閲覧ページ、離脱ページをレポート。

4.第三者配信サーバで配信される広告に接触後、広告主サイトへ訪れているユーザの会員IDをCSVダウンロード。

アクティブコアは、すでに、第三者配信サーバに対応したアトリビューション分析、レコメンド、リターゲティングを提供しています。今回、流入履歴、サイト内の閲覧履歴やアクションから訪問者をセグメントする分析機能を第三者配信サーバに対応することで、ディスプレイ広告のビュースルーデータとサイト内の効果測定を統合し、広告やキャンペーンに接触したユーザを狙い通りのアクションに繋げ、お客様のWebマーケティングを支援します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング