人材育成のためのスキル管理フレームワーク構築ツール『Enterprise Skills Inventory version 2.0』の提供を9月3日より開始

@Press / 2012年9月3日 11時0分

株式会社ワン・オー・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:二階堂 隆)は、企業の人材育成のためのスキル管理フレームワーク構築ツールの新版『Enterprise Skills Inventory version 2.0』の提供を9月3日より開始いたします。

『Enterprise Skills Inventory version 2.0』詳細URL
https://www.facebook.com/101cojp/app_273800066054104
(モバイル用URL: http://esi-info.101s.co.jp/ )


企業においては、限られたリソースを活用して最大限の効果を発揮し、ビジネスを拡大することが求められています。人材を育てるためには、単に社員のスキルアップを図るだけでなく、日々の業務と連動した目標を定め、目標達成のための業務を遂行しつつ、スキルアップ、さらには将来のキャリアアップへと社員を導いていく必要があります。

ワン・オー・ワンの提供する「Enterprise Skills Inventory」を活用すれば、個々の社員の能力を容易に可視化することができます。さらには、企業のビジネス目標に則したスキル戦略を策定し、その戦略を実践して人材の適切な育成を行うという一連のプロセスの管理を、強力にサポートします。

従来の「Enterprise Skills Inventory」では、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が推奨するITSS(ITスキル標準)やUISS(情報システムユーザースキル標準)に準拠し、これら固定的なフレームワークを自社の状況に合わせ柔軟にカスタマイズできる仕組みを提供してきました。今回提供するversion 2.0では、IPAが推奨するCCSF(共通キャリア・スキルフレームワーク)に新たに対応します。

CCSFは、ITSS、ETSS(組込みスキル標準)、UISSで提供してきたスキルの共通部分を一元化したもので、タスクモデル、スキルモデル、人材モデルという3つのモデルで構成されています。version 2.0では、新たにタスクモデルを加え、CCSFの3モデルに対応しました。このタスクモデルの追加により、企業目標達成のためのタスクを容易にデザインできるようになり、タスクを実行するのに必要なスキルとのマッピング、タスクを担当する人材像のデザインなどを簡単に行えます。タスクは、多階層のモデルを定義でき、タスクを業務目標の設定に活用することも可能です。これらの機能を活用し業務目標を設定することで、必要スキルは明確化し、業務目標の達成がスキル習得の基準にもなります。

@Press

トピックスRSS

ランキング