1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

バンガードがETFプロバイダーとして最高の評価を獲得~Cogent Research(R) アドバイザー・ブランドスケープ(R) 2012の調査結果より~

@Press / 2012年8月30日 10時0分

〔東京、2012年8月30日〕Cogent Research(R) Advisor Brandscape(R) 2012が2012年7月25日に発表した、ファイナンシャル・アドバイザーを対象とする調査結果によると、「最も好ましい印象を与えるETFプロバイダー」としてバンガードが選ばれました。


米国バンガードで米国のファイナンシャル・アドバイザー・ビジネスを統括するマーシャ・キングは、「この結果は、バンガードがアドバイザー業界との間に築いた強固な関係の賜物です。バンガードは、優れた投資商品を提供すべく日々精進し、また、ファイナンシャル・アドバイザーの皆さまが顧客の方々の投資目標の達成を助けるために必要なサポートを提供してまいりました。これまでの努力が実を結んだことを嬉しく思います」とコメントしました。

Cogent Researchは、登録された投資アドバイザー、証券ブローカー、独立系ファイナンシャル・プランナー、銀行の渉外担当員などを対象にアンケート調査を実施しました。回答者の60%以上が、バンガードをETFプロバイダーとして「大変好ましい」と評価し、これは他社ETFプロバイダーに対する評価の割合を上回って第一位でした。

Cogent Researchのマネージング・ディレクターであるトニー・フェレイラは、「好ましい印象を持たれることはブランド価値の鍵となる重要な構成要素であり、将来の評価と成長に不可欠です」と述べています。

バンガードは「印象の好ましさ」でマーケットをリードしたことに加え、全ての販売チャネルの回答者が、「財務の安定性」「価格に見合う価値」「誠実さ・正直さ」「手数料の透明性」「ブランドが顧客に認知され信頼されている」といった評価項目について、バンガードに最高の評価を与えました。

2位以下の順位は次の通りです。
 2位:WisdomTree
 3位:State Street/SPDR
 4位:First Trust
 5位:iShares

Advisor Brandscape 2012は、全ての販売チャネルのうち、顧客の預かり資産500万米ドル以上のファイナンシャル・アドバイザー1,700人以上を対象に、毎年実施されるアンケート調査です。


■Cogent Research について
Cogent Research は1996年に設立されたコンサルティング会社です。主に金融機関、ライフサイエンス企業、消費財企業向けに、各種リサーチやコンサルティングのサービスを提供しており、その高いリサーチ力・分析力・知見には定評があります。


■バンガードについて
米国ペンシルバニア州バレーフォージに本社を置く、世界最大級の投資信託運用会社です。バンガードの運用資産残高は米国だけで1兆8,300億円、グローバルでは2兆1,000億円にのぼります。170本以上の米国籍ファンド、70本以上の米国籍以外のファンドを提供しています。


【ご留意事項】
Cogent Researchはバンガード、ならびにバンガードのファンドと提携していません。
ミューチュアルファンドやETFへの投資には他の投資と同じようにリスクがあります。

<ETFの取引に関する情報>
■リスクに関する情報
・上記のETFは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、当ETFはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。当ETFの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。

・当ETFはそれ自身が証券取引市場で売買されるため、その投資対象先の有価証券の価格変動リスクに加えて、ETFそのものの市場取引に伴う流動性リスクが生じます。ETFの市場での取引量が少ない中で大量の売買を執行すると理論価格から乖離した価格での執行となる恐れがあります。

・当ETFは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。

■手数料に関する情報
・ETFの売買の際には取次ぎ販売会社に対しての手数料をご負担いただくことになります。購入の際には購入代金と手数料をお支払いいただき、売却の際には売却代金から手数料を引いた金額を受取ることになります。手数料及び取引に掛かるコストにつきましては販売会社にてご確認ください。

・ETFへの投資家は間接的にその投資期間分のエクスペンスレシオを負担します。エクスペンスレシオとは、ファンドの内部で徴収される運用管理費及びその他費用です。エクスペンスレシオは毎年決算時に見直され、変動します。

■お取引に関する情報
・バンガードETFシリーズのETFを米国バンガードから直接購入する事は出来ません。バンガード・インベストメンツ・ジャパンはバンガードETFシリーズのETFの売買に係る勧誘もしくは推奨を行なうものではありません。購入を検討される場合は、海外の上場有価証券を取り次ぐことのできる証券会社にお問い合わせ下さい。

・バンガードETFはクリエーション単位での買い戻しのみ可能です。バンガードETFは証券会社の取り次ぎにより流通市場で売買することができます。

・バンガード・インベストメンツ・ジャパンは、金融商品取引業1種の登録を受けておりますが、お客様に金融商品取引の執行に関わるサービスを提供しておりません。個別の金融商品取引に係わる説明、告知、もしくは報告等、および同取引に係わる売買代金の受け渡しも行っておりません。金融商品の売買を行う場合は、当社以外の金融商品取引業者からあらためて必要な情報を入手し、法令上の手続きをお済ませのうえお取引下さい。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会
https://www.vanguardjapan.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング