エムオーテックスのIT資産管理ツール「LanScope Cat」8年連続トップシェア継続中!(30.7%)

@Press / 2012年8月29日 13時0分

市場占有率
エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:宮崎 吉朗、以下 MOTEX)は、ネットワークセキュリティツール「LanScope Cat」が市場シェア30.7%のトップシェア(※1)を獲得したことを発表いたします。これにより、「LanScope Cat」は2004年度以来、8年間同市場でシェア1位を獲得しました。
株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)が2012年7月に発行した「2012ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」の“端末管理・セキュリティツール市場 IT資産/PC構成管理ソフトウェア”部門における調査結果です。

「LanScope Cat」は、1995年に発売開始した日本で最も長い歴史を持つIT資産管理ツールで、全国に6,300社540万クライアント以上(※2)の導入実績を持ちます。資産管理から操作ログ管理・セキュリティ・ファイル配布・各種レポートと、ネットワークマネジメントに必要な機能を備えており、2011年は特にソフトウェア資産管理機能の充実が評価されお引き合いが拡大しました。
現在までに発表されている複数の調査結果において「LanScope Cat」は市場トップシェアを獲得しており、IT資産管理市場のデファクトスタンダードとして不動の地位を確立しています。MOTEXでは、大変多くの支持をいただいているこの度の結果を真摯に受け止め、社員一丸となりより一層の努力をしていく所存です。

市場占有率: http://www.atpress.ne.jp/releases/29573/1_1.JPG


■MOTEXの市場戦略
「LanScope Cat」は、1995年に発売を開始して17年目に入ります。17年もの長きに渡りネットワークセキュリティ市場のトップの位置を築けたのは、資産管理のニーズに応え続けた結果です。

「LanScope Cat」の2012年市場戦略は、他社にはまねできないLanScope Catで実現できる便利な資産管理機能です。今までの資産管理機能はPCのログを詳細にとり、資産情報をもとにセキュリティ管理やアプリケーション管理、またその他SAM等、PCの操作情報をPCの運用活用に役立ててきました。

新しい市場戦略は、今までの「PCの管理」と「人のID管理」ができる戦略をとります。これによりPCの情報を今までより詳細に管理することができます。具体的には、「ログインした人の情報」をプラスして管理できることで「なりすまし」など「PCの管理」では把握できなかったきめ細かな人の動きや流れの「人のID」管理ができるようになり、今までより何倍もPCが活用できるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング