「METALEX 2012」日本ロードショーを開催 ASEAN最大の工作機械と金属加工技術貿易展示会・会議、日本の製造業界を支援し、ASEAN経済共同体への扉を開く

@Press / 2012年8月28日 15時0分

タイ王国裾野産業組合連合会とASEANで最大級の展示会社であるリード・トラデックス社は、本日、タイ王国工業省工業振興局裾野産業開発部支援のもと、ASEAN最大の国際工作機械と金属加工技術貿易展示会・会議である「METALEX 2012」の日本市場向けロードショーを、東京(本日)と名古屋・大阪(明日以降)にて開催することを発表しました。このロードショーは、日本の関連業界や投資家の皆様に、タイとASEAN諸国の裾野産業との関係構築をはかるための様々な施策についてご説明させていただくと同時に、経済共同体(AEC)の形成に向けて関わることの様々な利点についてもご説明させていただきます。なお、本年の「METALEX 2012」は、バンコク市の国際貿易・展示センター(BITEC)展示場にて、2012年11月21日から24日まで開催されます。
詳細: http://www.metalex.co.th


ASEAN諸国の中で、タイはいくつかの産業の製造拠点となっており、最も大きな産業は自動車とエレクトロニクスです。昨年の大規模洪水からの回復は、タイの製造業者が自己の設備をより高度な規格、精密なレベルへと改良する機会となりました。結果として、供給不足に対してより迅速に対応する機能と能力の大幅な改善が達成されました。


タイ王国工業省工業振興局裾野産業開発部長のパヌワット・トリヤンクンスリー博士は次の通り述べています。
「これまでのタイの産業の発展は、比較的複雑でない生産品を輸入代替することに支えられてきました。そして円が強くなるにつれてタイの投資促進政策と相まって、日本からの投資の大幅な増加をもたらしました。また、世界的な経済状況の変化により、日本が自国の問題解決として国外生産で対応したことも、タイの経済が発展した理由です。」


今日、日本の投資企業はタイの製造業者との依存を深めており、タイ-日本間におけるサプライチェーンの構築が重要課題となっています。日本の大震災、そしてタイの大洪水という、度重なる自然災害の後に生じた部品不足問題を解決するために人材や技術の交流が盛んになったことからも、この重要性は一目瞭然です。ASEANにおける経済協力を背景とした自由な経済発展の中で、製造ノウハウや科学技術の交換という将来的な協力こそが、両国相互の産業成長への答えであることは明らかです。

タイ投資委員会は、ここ6カ月(2012年1月~6月)、海外からの投資申請が692件、金額で2,784.7億バーツに達したと報じています。これは対前年同期間比で66.5%もの伸びです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング