腹壁ヘルニア用修復術材『バード ベントリオ』を新発売

@Press / 2012年9月4日 10時0分

バード ベントリオ
小林製薬株式会社の関連会社である株式会社メディコン(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:坪田 元明、以下 当社)は、日本における腹壁ヘルニア修復術で多く使われている形状維持リング付複合修復材の新製品「バード ベントリオ」の販売を9月3日から開始します。


腹壁ヘルニアには、腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニアや臍(さい)ヘルニア、白線ヘルニアなどの種類があり、中でも腹壁瘢痕ヘルニアは、開腹手術後に一定の割合で発生する合併症として、その対処が医療現場における課題の一つとなっています。
腹壁ヘルニアの修復術には、ヘルニア用修復材を使用する術式と使用しない術式がありますが、様々な文献や学会発表等において、ヘルニア用修復材を使用した際の再発率はそれを使用しなかった場合よりも低くなると報告されています。(*)

本製品は、ヘルニア用修復材による再発率の低さに加え、修復部位への展開が容易な構造であることから、より簡便に手術が実施できるという利点があります。また、ヘルニア修復術において40年以上の実績があるモノフィラメントポリプロピレンメッシュと、内臓組織との癒着低減が期待できるePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)シートで構成されており、安心して使用できる複合修復材です。


■製品の特長と利点
本製品は、日本における腹壁ヘルニア修復術で多く使われている当社形状維持リング付複合修復材に、新たに以下の特長が加わった新製品です。

1) ポリプロピレンメッシュの繊維を細くし、網目を大きくした特殊な編製法により、ポリプロピレンメッシュの中に形成される生体組織が硬くならないことが期待されます。

2) 吸収性形状維持リングは、ヘルニア用修復材の展開を容易にし、さらに術後約6~8ヶ月でゆっくりと生体内に吸収されます。

上記により手術時間の短縮と術後における患者様の違和感の軽減が期待できます。


■製品発売の背景
現在日本において、成人の腹壁ヘルニア修復術は年間約2万例が実施されており、症例の約50%がヘルニア用修復材を使用して修復されています(当社推計)。
一方、米国においては、約90%の症例でヘルニア用修復材を使用して修復されており、今後日本の医療現場でも、ヘルニア用修復材を使った術式がますます広まるものと予測しています。


■参考情報
当社では、医療関係者向けサイト「メディ助」にて、鼠径ヘルニアおよび腹壁ヘルニア用修復材、血管アクセスディバイスであるCVポートやPICCを用いた手術手技に関する様々な情報を発信しています。医師限定の会員ページでは、ヨーロッパ・ヘルニア学会(EHS)、米国ヘルニア学会(AHS)の公式学会誌「Hernia」及びランチョンセミナーの動画が閲覧できます。
メディ助 URL: http://medisuke.jp/
詳しくは、 http://medisuke.jp/hernia/ をご参照ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング