日本記念日協会が10月8日を「ようかんの日」と認定!和歌山県の老舗「紅葉屋本舗」が「紅葉屋本舗の羊羹」を108名様にプレゼント― 10月8日限定 ―

@Press / 2012年8月30日 10時30分

有限会社紅葉屋本舗(所在地:和歌山県東牟婁郡、代表取締役:坂井 良雄)は、10月8日を「ようかんの日」と定め、2012年8月に日本記念日協会( http://www.kinenbi.gr.jp/main.php?MD=3&NM=989 )から公認されました。

今後、毎年10月8日(初回は2012年10月8日)を「ようかんの日」として、煉羊羹(ねりようかん)発祥の地である和歌山県から、ようかんの魅力について全国に情報発信し、様々なイベントを展開していく予定です。


【「ようかんの日」の由来】
煉羊羹発祥の地とされる和歌山県。その和歌山県串本町にある手作り羊羹で有名な紅葉屋本舗( http://www.momijiya-honpo.com/ )を営む坂井 良雄が制定。美味しくて疲労回復に良いとされるビタミンB1を多く含む羊羹を食べて、元気になってもらうのが目的です。日付は“食欲の秋”の10月と、縁起の良い言葉の「八福」にちなんで8日に設定しました。10と8で「いと(=10)おいしいよう(=8)かん」という語呂合わせも兼ねています。


【「ようかんの日」のイベント】
(1)5種類の羊羹を108名様に無料プレゼント
紅葉屋本舗で販売している5種類の羊羹「本煉羊羹」「柚子羊羹」「桜羊羹」「抹茶羊羹」「醤油羊羹」の1口サイズセットを、10月8日にちなみ、抽選で108名様に無料でプレゼントいたします。

<お申込み方法>
E-mail: info@momijiya-honpo.com


(2) 5種類の羊羹を108円にて販売
紅葉屋本舗 楽天店( http://www.rakuten.co.jp/momijiyahonpo1/ )において10月8日に上記の商品を108円(税込)で販売いたします。


【和歌山県が煉羊羹発祥の地といわれる所以】
煉羊羹とは、寒天に水・砂糖を加えて煮立て、こし餡を煉りまぜながら煮詰めて、型(羊かん舟)に流し込んで作った羊羹のことを指します。寒天が少なく柔らかい「水羊羹」に対して、寒天の添加量が多く、しっかりとした固さのものを「煉羊羹(ねりようかん)」といいます。
1589年(天正17年)に、和歌山県の駿河屋岡本善右衛門氏によって煉羊羹がつくられました。こうして和歌山県が煉羊羹発祥の地となり、日本全国に広まっていったのです。


【紅葉屋本舗の「本煉羊羹」とは】
紅葉屋本舗の名物「本煉羊羹」は、世界的に権威のあるモンドセレクション( http://www.monde-selection.com/jp/ )において最高金賞を過去2回(2008年、2009年度)、金賞を過去2回(2010年度、2011年度)受賞いたしました。本年度(2012年度)も受賞いたしましたら5年連続で金賞以上を受賞することとなります(現在も出願中)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング