若手社員の意識/実態調査(7月度) 若手社員 在籍が長いほど、社風への不満が高まる

@Press / 2012年8月30日 12時30分

Q:勤務先の社風に満足していますか?
人事総合ソリューション企業(採用・育成・人事労務)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤波 達雄)は、入社3年目までの社会人(以下、若手社員)4,707名に意識/実態調査を行い、869名から回答を得ました(調査期間は7月6日(金)~7月17日(火))。


■調査サマリー
若手社員に、勤務先の社風への満足度を尋ねたところ、33.8%が不満を感じていると回答しました。在籍年次で比較したところ、入社3年目の若手社員は47.0%が不満を感じており、入社2年目(35.7%)、入社1年目(25.5%)より高く、在籍年次が長いほど不満を感じていることが分かりました。次に、現在の勤務先で働き続ける意思を尋ねたところ、転職意思がある若手社員は、全体の44.9%であり、在籍年次で比較すると、入社3年目の若手社員は、半数以上の51.2%が転職意思を持っていました。
また、社風への満足度と転職意思の相関について調べたところ、社風に不満がある若手社員ほど、転職意思が高いことが分かりました。
在籍年次が長くなるほど、入社当時には分からなかった、気づかなかった部分が不満につながり、その不満が転職したいという意思につながっていると想定できます。

<調査詳細>
〔1.在籍年次が長いほど、社風への不満が高まる傾向に〕
若手社員に、勤務先の社風に満足しているかを尋ねたところ、不満(「どちらかと言えば不満」+「不満」)は33.8%でした。在籍年次で比較すると、不満と回答した割合は、1年目が25.5%と最も低く、2年目は35.7%、3年目は47.0%でした。在籍年次が長いほど、社風への不満が高まっていることが分かりました。

【Q:勤務先の社風に満足していますか?】
http://www.atpress.ne.jp/releases/29609/1_1.jpg


【詳細データ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/29609/2_2.jpg


【Q:勤務先の社風について、満足・不満足の理由を教えてください。】(自由記述式)
http://www.atpress.ne.jp/releases/29609/2_2.jpg
※回答579件より一部抜粋


〔2.在籍年次が長いほど、転職意思が高まる傾向に。〕
現在の会社で働き続ける意思について尋ねたところ、転職意思がある(「将来的には転職したい」+「すぐに転職したい」)と回答した割合は、44.9%でした。在籍年次で比較したところ、在籍年次が長いほど転職意思が高く、入社1年目は40.6%、入社2年目は46.5%に対して、入社3年目は、51.2%と半数以上という結果でした。

@Press

トピックスRSS

ランキング