XITシリーズ最新モデル UHF帯ICタグハンディリーダライタ「XIT-260-G」ワイヤレス二次元ハンディターミナル「XIT-221-G」を発売

@Press / 2012年9月3日 11時0分

XIT-260-G
バーコード・RFID関連機器メーカーの株式会社ウェルキャット(本社:東京都品川区、代表取締役社長:桂 潤児)は、UHF帯ICタグISO/IEC18000-6 TypeC(EPCglobal Class1Gen2)の読取り/書込み機能と、バーコードと二次元シンボルの読取り機能を搭載したUHF帯ICタグハンディリーダライタ「XIT-260-G」と難読バーコードの読取り性能をさらに進化させたワイヤレス二次元ハンディターミナル「XIT-221-G」を2012年9月に発売します。


【製品について】
「XIT-260-G」は、従来機種との互換性を維持しつつ、新たに機能を改善/充実。独自の高速信号処理アルゴリズムによりUHF帯特定省電力ハンディとしてクラス最高レベルのICタグ読取り距離と速度を実現しています。
さらに、「XIT-260-G」は新たな機能として、本体キーでのカナ入力に対応、移動先でもAC電源からACアダプタを本体に接続し充電できるようになっており、フィールド業務での運用も考慮されています。
また、2012年7月に法改正が行われたことによる新周波数920Mz帯に対応、開局手続きが不要である特定小電力無線局製品です。

「XIT-221-G」はその読取り速度では市場で高い評価を得ている「XIT-220-G」をさらに進化させ、カスレ・にじみ・曲面など、いわゆる“難読”バーコードとされる作業現場にて読取りしづらいバーコードも軽快に読取れるよう独自のチューニング技術により対応しています。

両機種共通の機能としては、視認性に優れたカラー液晶搭載、バックライト輝度の自動調整を行い現場の明るさに合わせ最適な視認性を実現する照度センサの搭載、衝撃吸収性能に優れた素材を採用したボディ構造による耐落下性能の向上など、基本性能の徹底強化と利便性の向上を図っています。

なお「XIT-260-G」、「XIT-221-G」ともに定価はオープンプライスです。


【開発の背景】
近年、UHF帯ICタグの利用は製造業、物流業、流通業、サービス業と多岐に渡り実運用化が進んでおり、在庫管理、トレサビリティ、生産管理、販売管理といった用途でハンディターミナルが欠かせないツールです。
特に、経営の効率化を図るため店舗・配送センター間で行き来する物流輸送資材(カゴ車、パレット、クレート、オリコンなど)の所在と数量を正確かつリアルタイムに把握したいというニーズは強く、ムダな設備購入を抑制し、コスト削減とエコロジー推進に貢献する管理アイテムとしてUHF帯ICタグの利用拡大が予想されており、今後もこの市場は拡大する見込みです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング