JTBグループの25社、ソリトンのクラウド型セキュリティOnDemandシリーズを採用 情報漏洩対策と内部統制の強化

@Press / 2012年9月3日 15時0分

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫)は、国内最大手の旅行会社JTBグループの25社3,000台のパソコンを対象に、情報漏洩対策及び資産管理のクラウド型サービスOnDemandシリーズの提供を開始しました。

JTBグループでは、旅行業務に伴う膨大な量の個人情報や業務上の機密情報について、情報漏洩対策や内部統制を目的としたグループ内規定が定められています。しかしながら、グループ各社は企業規模が異なるため、対応にばらつきがあり、グループ全体のガバナンス実現には、セキュリティレベルを統一できる効果的なツールの導入が課題となっていました。
その対応にあたった株式会社JTB情報システムで検討の結果、以下の条件を満たすものとして、クラウド型サービスOnDemandシリーズが評価され、採用が決定しました。

1.企業規模を問わず導入でき、初期導入コスト、ランニングコストとも、極力抑える。
2.専任のセキュリティ管理者がいなくても、安心して簡単に導入でき、運用後の負担もかからない。
3.情報漏洩対策として有効な、PC操作ログの取得、USBメモリ制御、資産管理機能など必要な機能を全て備えている。
4.ルール違反のPC操作を検知し、管理者へアラートを通知する機能がある。
5.インターネット経由でログ情報を収集するため、JTBグループの専用ネットワークに入っていないPCも一元的に管理できる。

OnDemandシリーズの導入により、グループ会社のセキュリティ対策レベルが統一され、不要なWebサイトの閲覧や、未許可のUSBメモリの利用などから発生しうる、情報漏洩リスクの低減、更に、抑止効果によりユーザ個々のセキュリティ意識が高まることも期待されています。

JTBグループでは、OnDemandシリーズを活用し、情報セキュリティ対策及び内部統制の強化をすすめるとともに、グループ各社への更なる展開をすすめていく予定です。


【OnDemandシリーズについて】
OnDemandシリーズは、PCのログ管理や資産管理、USB制御など、PCのセキュリティ管理に必要な機能を包括的に提供する国内唯一のクラウドサービスです。
管理サーバなどの専用設備が不要であり、導入作業はPCにエージェントをインストールするだけで終了するため、初期コストを抑えて短期間で導入できます。また、システムのメンテナンスなど日々の運用も不要の為、運用負担も削減できます。
URL: http://www.soliton.co.jp/cloud

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング