1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

共同購入型クーポンサイト『シェアリー』 楽天とクーポン事業で提携開始

@Press / 2012年9月3日 10時0分

共同購入型クーポンサイト『シェアリー』( http://www.shareee.jp/ )を運営する株式会社シェアリー(本社:東京都港区、以下「当社」)は、楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)による出資により、当社が運営する共同購入型クーポンサイト『シェアリー』( http://www.shareee.jp/ )のサービス体制をより強化していくことになりましたので、お知らせいたします。
代表取締役社長には8月31日付で楽天執行役員の大西 芳明が就任し、今後の展開として、『シェアリー』に楽天が提供する決済サービス「あんしん支払いサービス」を導入し、楽天スーパーポイントを媒介とした新規顧客の相互送客を行います。将来的には当社と楽天グループが2010年に運用を始めたクーポンサービス「Racoupon(ラ・クーポン)」を基盤とするクーポン事業の連携を強化し、共同クーポン市場の拡大化、ユーザーの囲い込みを図ります。


今回提携を開始する楽天は、創業以来、世界一の総合インターネットサービス企業を目指し、その経営戦略の1つとして「楽天経済圏」の拡大を掲げています。現在、主力事業であるインターネットショッピングモール「楽天市場」には1億アイテムを超える商材が登録されており、総合旅行サイト「楽天トラベル」では27,000を超える国内宿泊施設が登録されています。
さらにはゴルフ場の予約、インターネットオークション事業など手がけることで、楽天は多岐にわたる商材をインターネットを通じて取り扱っています。これらのEC事業全体の年間取扱高は約1兆2,000億円(2011年)と、日本最大級の規模となっています。


『シェアリー』は、有名レストランや高級旅館など地域に根付いたサービスを中心に月間1,600本以上のクーポンや割引券を最大90%オフで共同購入できるサービスです。
中でも飲食店のクーポンの充実度は業界内でも高い水準を誇り、飲み放題やドリンクつきのプラン、料理数豊富なコースメニューなど、上質なクーポンを毎日低価格で提供しています。


楽天との提携により、当社の全国規模の販売網と営業力に加え、7,800万人を有する楽天の会員資産およびWebやメール等を活用した送客能力など両社の強みを最大限に活かし、より多くのユーザーに『シェアリー』の上質なクーポンを提供してまいります。


■会社、サービス概要■
【株式会社シェアリーについて】
社名   : 株式会社シェアリー
代表者  : 代表取締役社長 大西 芳明
本社所在地: 東京都港区赤坂二丁目17番22号 赤坂ツインタワー本館8階
事業内容 : フラッシュマーケティング事業
会社設立 : 2003年10月1日(2010年8月1日 事業開始)
資本金  : 47,358.8万円
URL    : http://www.shareee.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング