丸紅株式会社の「仕事と介護の両立」をサポート~ 研修の開催およびハンドブック製作・配布 ~

@Press / 2012年9月5日 12時0分

【家系図シート(記入例)】
 株式会社ワーク・ライフバランス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:小室 淑恵、以下 当社)は、このたび丸紅株式会社(所在地:東京都千代田区、代表者:朝田 照男)の仕事と介護の両立に向けた施策拡充に対するサポートを実施いたしました。
 主なサポート内容は、介護と仕事の両立に向けた研修「介護時代を乗り切る働き方~親が65歳を過ぎたら~」の開催およびハンドブック「介護支援ハンドブック」の製作です。


■介護と仕事の両立への準備を促す研修の実施

 日本は、高齢化率が23%と世界で最も高齢化している国です。さらにあと5年で団塊世代が一斉に70代に入り、要介護者の割合が急増することが予想されます。その子ども世代である団塊ジュニアは、企業において40代前後という最も働き盛りの年齢であるにも関わらず、介護による時間制約を持つことが予想されます。しかし、介護にまつわる知識や仕事との両立方法について十分な情報を得られていない人がほとんどです。

 そこで、当社では、「介護と仕事の両立に向けた研修」(以下 研修)を提供しています。多くの人が介護に対して、「介護休業で乗り切れるから仕事に支障はない」「妻(夫)が介護を担当するから自分には関係ない」といった印象・予想を抱いています。研修では、これらの印象・予想を様々なデータをもとに覆し、ワーク等を通じて現実的な解決策を紹介する内容を提供しています。
 たとえば、介護の長期化(介護期間の平均55.2カ月[4年7カ月])により、企業が用意している介護休業日数(法定93日間)では足りないという現実を伝えます。さらに、「家系図シート」を使ったワークでは、受講者が自分の親族の状況を確認し、本人が介護の担い手になる可能性の有無について考えていただきます。そして、介護と仕事を両立した場合のタイムスケジュールをイメージいただいたうえで、長年のワーク・ライフバランスコンサルティングの実績から得た「時間を有効に使う方法」や「短時間で高い生産性を上げる仕事術」を紹介しています。

 今回、丸紅株式会社と当社は、2012年8月30日に研修「介護時代を乗り切る働き方~親が65歳を過ぎたら~」を実施、約170名の社員が参加しました。参加者からは「今まで介護をしながら働くという発想がなかったが、考えが変わった」「これまで介護について考えるきっかけさえなかったが、多くの人が向き合わなければならないものだと知ることが大切だと思った」「正しい知識・情報を前もって持っておくことの必要性を感じた」「資料も説明も分かりやすい。今までで一番感動したセミナー」といった感想が聞かれ、介護と仕事の両立に向けて具体的に考え準備する社員が増えたと確信しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング