待望の64インチPrint&Cutのフラグシップモデル『SOLJET PRO4 XR-640』、9月27日(木)より登場!

@Press / 2012年9月12日 11時0分

『XR-640』製品写真
ローランド ディー.ジー.株式会社(本社:静岡県浜松市/取締役社長:冨岡 昌弘、以下 当社)は、溶剤系大判インクジェットプリンターの新製品『SOLJET PRO4(ソルジェット・プロ・フォー) XR-640(以下 XR-640)』を本日発表、9月27日(木)より全世界で発売開始いたします。


近年サイン・ディスプレイ業界では、大判インクジェットプリンターの普及により、出力物の販売単価の低下や短納期化が進んでいます。また、クライアントから求められる印刷品質への要求も年々高くなる傾向にあります。そのため、それらのクライアントの要求に対して高品質で付加価値の高い出力物を迅速に提供できるプリンターが求められています。

今回発表する『XR-640』は、サインビジネスのプロフェッショナルに求められる「画質、発色、表現力、多様性、生産性、安定性」の全てを満たした最大出力幅1,600mm(64インチ)の大判インクジェットプリンターです。プリンターとカッティングマシンの機能を統合したPrint&Cut複合機で、当社のフラグシップモデルとなります。インクには9色(※1)の新「ECO-SOL MAX2」インクを採用し、お客様は用途に合わせて8色タイプ、7色タイプを選択いただけます。

『XR-640』は新型のプリントヘッドとインク、そして最新のプリント制御技術により、高画質、高発色の圧倒的なプリントクオリティを実現。美しくメリハリの利いたインパクトある出力表現を可能にしました。また今回、新たにライトブラック(Lk)インクを採用したことにより、プロセスカラー(CMYK)では難しかったグレーの色再現性やグレースケールの階調表現が飛躍的に向上。モノクロ写真や質感のある金属調の表現など、黒やグレーを基調とする高級感あふれるグラフィックの出力に力を発揮します。さらに、ホワイト(Wh)インク(※2)やメタリックシルバー(Mt)インク(※2)といった特色を使用することで、通常のカラー印刷を上回る付加価値の高い出力物を制作いただけます。そして、プリント後にメディア(用紙)を自由な形状にカットするPrint&Cut機能により、定型の大判出力だけでなく、自由な形状の魅力的なアプリケーションを簡単に制作できるのも大きな特長です。

このように『XR-640』がもたらす圧倒的なプリントクオリティや幅広い表現力、そしてPrint&Cut機能による多彩なアプリケーションへの展開力は、付加価値の高い出力物を生み出し、収益性の高いグラフィックビジネスの実現をサポートします。

@Press

トピックスRSS

ランキング