【生活者分析 Facebookの浸透状況】 55~64歳の「Facebook活用者」が大幅な増加、今後期待できるシニア層のコミュニケーション手段の1つに

@Press / 2012年9月10日 17時30分

Facebook利用者の伸張率
ブランド戦略コンサルティング会社の株式会社リスキーブランド(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:田崎 和照)は、当社が毎年実施している生活意識調査MindVoice調査データ(約4,000サンプル/年)を用いて「Facebook活用者」の分析を行いました。
詳細: http://www.riskybrand.com/report_120910/


MindVoice回答者のFacebookのID登録者のうち「日常的に活用している」と答えた人を「Facebook活用者」と定義、総務省の人口推計・通信利用動向調査とあわせてFacebookの活用人口を推計(*注1)すると、「Facebook活用者」は2012年5月時点で推定583万人(ID登録者は1,222万人)と、前年比370%の伸張率を示しています。そのうち55~64歳の「Facebook活用者」は推定55万人(ID登録者は187万人)、前年比734%と著しい伸張率を示し、若い世代を中心に支持層を集めてきたFacebookですが、同時に55歳以上にも強くアピールしていることが分かりました。

更に、「Facebook活用者」の価値観を分析すると、「mixi活用者」と対比し、「地球市民意識」「ユーモア」「創造性」といった価値観要素が特徴的であることが分かりました。また「Facebook活用者」は、「mixi活用者」よりもネアカで外交的な人たちであることも分かりました。実名で情報や近況を共有しあうFacebookは、ネアカで外交的な価値観をもつユーザーを獲得し、こうしたFacebookの特性が、第二の人生を考え始める55歳以上の人たちの賛同を得たと考えることができるかもしれません。

55~64歳の「Facebook活用者」は現時点では55万人(ID取得者187万人)とまだまだ少数派ですが、「近い将来IDを取得して利用してみたい」49万人と合わせると、55歳以上の「Facebook活用者」は近い将来100万人を超えると考えられ、今後Facebookは、55~64歳のシニア層にとってコミュニケーション手段の1つとして期待できるかもしれません。

グラフ(1): http://www.atpress.ne.jp/releases/29866/a_1.gif


■Facebookの伸張
国内のFacebookのID登録者は、Checkfacebook.comによると約1,399万人(2012年7月7日時点)。リスキーブランドの推計値、1,222万人(2012年5月時点)と近い値であることから、リスキーブランドの推計値を基に、この1年でのFacebookの浸透状況をmixiとの対比によって分析を行いました。

@Press

トピックスRSS

ランキング