9月16日、中・高生の数学日本一が決まる!「数学甲子園2012」本選開催!!

@Press / 2012年9月11日 9時30分

累計受検者数300万人、数学の実用的な技能を測る検定「数学検定」を主催する、財団法人日本数学検定協会(本部:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、「数学甲子園2012」(第5回 全国数学選手権大会)の本戦を9月16日(日)に東京(東京 ベルサール飯田橋ファースト イベントホール)にて開催いたします。


【「数学甲子園」について】
「数学甲子園」とは、全国の中学生・高校生が団体戦で数学の能力を競う大会です。今年は前年を倍近く上回る過去最多の87校、147チームが予選に参加し、上位31チームが本戦進出を決定しました。
数学の問題を解く能力だけではなく「問題解決能力」「チームワーク力」「創作力」「プレゼンテーション能力」など幅広い能力を問うこの大会は、学校生活だけにとどまらず、社会生活を送る上でも大切なスキルを高めることができ、非常に注目を集めています。
予選は実用技能数学検定(数学検定)準2級・2級(高校1・2年生)程度の問題を全20問、制限時間60分以内で解答します。選手間の相談は不可、各選手の合計得点をチームの人数で割った平均点をもとに順位を決定しました。


【予選1位通過は初出場校、栄光学園中学高等学校 πチーム】
今回予選通過を果たしたのは23校31チーム。全ての予選通過チームの得点が18点~15点の間に収まる接戦となりました。
みごと予選を1位で通過した栄光学園中学高等学校(神奈川県)πチーム(高校1年生・2年生/5名)は初出場ながら、チームの平均点が18点と2位以下を大きく引き離しました。そんな栄光学園中学高等学校πチームの選手個別の得点は5人中3人が19点台(うち2名が19.5点)と主力選手が多数いることが予選TOP通過の一因と言えそうです。

2位は愛知県立時習館高校(愛知県)Aチーム(高校2年生・3年生/5名)。第1回大会から毎回出場し、第1回・第2回大会では連続優勝、第3回・第4回大会は優勝こそ逃したものの、毎年決勝選まで駒を進めてくる驚異の常連校です。そんな愛知県立時習館高校Aチームは選手全員が8割以上を得点する安定した強さを見せています。(※1)

3位は愛知県立明和高等学校(愛知県)4thチーム(高校2年生/4名)頼もしい女子リーダーが率いるチームです。こちらも第3回・第4回大会と連続出場している常連校で、選手全員の得点が17点以上という粒ぞろいのチームです。愛知県立明和高等学校は他にも8位にPioneerチーム、9位に2ndチームと10位以内に3チームが食い込む結果となりました。(※2)

@Press

トピックスRSS

ランキング