1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

IPテクノサービス、社内SNS国内シェアNo.1のビートコミュニケーションとの販売パートナー契約を締結

@Press / 2012年9月11日 14時30分

株式会社ミライト・ホールディングス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:八木橋 五郎、URL: http://www.mirait.co.jp/ )のグループ会社、大明株式会社の子会社である株式会社IPテクノサービス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:柳澤 繁、URL: http://www.iptechno-s.com/ )と、エンタープライズ向けソーシャルネットワークのパイオニアである株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、URL: http://www.beat.co.jp/ )は、企業向け社内SNSのソリューションに関して販売パートナー契約を行い、共同でエンタープライズソーシャル市場の開拓を行うことを発表します。
また、本パートナー契約の締結に伴い10月3日(水)にビートコミュニケーション代表取締役 村井 亮氏が基調講演を務める両社共催セミナーの開催も決定しました。


■販売パートナー契約の背景
今回の販売パートナー契約により、ビートコミュニケーションが提供する社内SNS『Beat Shuffle』をIPテクノサービスが導入及び販売することとなりました。IPテクノサービスは、企業内のコラボレーションや情報共有を支援するソリューションを商材として加えることで、今後ますます高まりを見せる企業でのソーシャルメディア活用に対する顧客ニーズへの対応を実現します。


■今後の展開について
IPテクノサービスが販売する、米国クラリゼン社が開発する世界で15,000ユーザーの導入実績を誇り、米TopTenREVIEWSのオンラインプロジェクトマネージメント部門で評価No.1のSaaS型プロジェクト実行管理ソフトウェア『Clarizen』と、ビートコミュニケーションが開発・販売する国内シェアNo.1の社内SNS『Beat Shuffle』とのインテグレーション(統合)も進めており、プロジェクトマネジメントツールと企業内SNSが複合した新しいソリューションの提供も目指します。これまでのプロジェクトマネジメントツールは、タスク管理や工程などの数値管理に特化しており、コミュニケーションやコラボレーションの要素がないことが企業の生産活動にとって大きなボトルネックとなっていました。そこで、今回IPテクノサービスでは、『Clarizen』と『Beat Shuffle』を連携させることにより、コラボレーションとプロジェクトマネジメント双方を同じプラットフォーム上で行えるソリューションの提供により、顧客企業の生産性向上をはかります。


■販売拡大について
IPテクノサービスの強みである最新のITサポートツールを用いた企業向けIT化支援ソリューションを核とし、社内外のエンジニアが多数関係する開発・設計・製造・構築・運用・保守・サポート等の事業を行なっている企業を中心に、2013年末までに100社、50,000アカウントの販売を目指します。
第1弾として、全国600名以上のスタッフを抱えプロバイダーの全国出張サポート、法人向けPCサポートおよび設定、パソコン講師派遣、回線取次事業を展開している株式会社テンジンへの導入が決定しており、IPテクノサービスが主体となり運営面の全面的なバックアップを行ないます。

株式会社テンジン
URL: http://www.tenjin-net.co.jp


■セミナー開催のご案内
本提携に伴い、10月3日に『企業が生き残るためにソーシャルテクノロジーをどう活用すべきか?』と題した両社共催セミナーを(会場:IPテクノサービス本社セミナールーム)開催し、共同マーケティングを開始します。

【セミナー詳細】
開催日時     : 平成24年10月3日(水)14:00~17:00
会場のご案内   : ミライトグループ 株式会社IPテクノサービス
          〒135-8112 東京都江東区豊洲5-6-36
          SIA豊洲プライムスクエア 7階 第10会議室
会場へのアクセス : http://www.iptechno-s.com/company/access.html
セミナーの詳細URL: http://www.iptechno-s.com/news201209011.pdf


■『Beat Shuffle(ビートシャッフル)』の製品概要
『Beat Shuffle』は、タイムライン、コミュニティ、Q&A、スケジュールなどコラボレーション(協業)やナレッジ共有機能を支援するエンタープライズ向けのソーシャルプラットフォームです。部署や企業を超えたコラボレーションから情報共有、スケジュール管理までビジネス環境の大幅な向上を実現します。

Beat Shuffle製品サイト:
http://www.beat.co.jp/contents/product/index.html


■『Clarizen(クラリゼン)』の製品概要
『Clarizen』は世界で15,000ユーザーの導入実績を誇り、米TopTenREVIEWSのオンラインプロジェクトマネージメント部門で評価No.1のSaaS型プロジェクト実行管理ソフトウェアです。
直感的なユーザーインターフェイスの提供により組織内のユーザー参加を促進することができます。また、Google Apps、Salesforce、電子メールに統合された使いやすい環境を実現し、プロジェクトデータをリアルタイムで実行・共有・更新することができます。
『Clarizen』はプロジェクトのリソースを時間と予算に合わせて配分することを可能とし、プロジェクト計画と実行の効率化および低コスト化を実現したSaaS型オンラインプロジェクト管理ツールです。

クラリゼン 日本語版サイト: http://www.clarizen.jp/


■IPテクノサービスについて
IPテクノサービスはこれまで経験してきた延べ90万件以上の訪問サポートおよびヘルプデスク業務のノウハウと、最新のITサポートツールを融合し、パソコンを中心としたITに関する環境設定、障害診断・復旧、セキュリティ対策、IT資産管理といった問題をユーザーまたはシステム管理者に代わって解決するとともに、ソフトウェアなどの操作方法やIT関連機器のお悩み相談までも含めてトータルに支援するサービスを展開しております。


■IPテクノサービス 会社概要
(1)商号     :株式会社IPテクノサービス
          ( http://www.iptechno-s.com/ )
(2)代表者    :代表取締役社長 柳澤 繁
(3)本社所在地  :東京都江東区豊洲5丁目6番36号
(4)設立年月日  :2003年4月1日
(5)主な事業の内容:訪問サポート事業、コールセンター事業、
          ソリューションマーケティング事業、セキュリティ事業
(6)資本金    :10,000千円
(7)グループ会社 :株式会社ミライト・ホールディングス
          ( http://www.mirait.co.jp/ )


■ビートコミュニケーションについて
2003年に国内で初めてビジネスソーシャルネットワーク(SNS)実験を行い、2004年には世界で初めて法人向けソーシャルネットワーク(社内SNS)パッケージを開発した会社。さらに2008年には、世界に先駆けて企業のCO2を削減するITシステム「Eco Style」を開発。2010年には、全く新しいコンセプトの次世代ビジネスSNS「Beat Shuffle」を開発。主な顧客には、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパンなど、数多くの大手企業・中小企業・その他団体に社内ソーシャルメディアを提供。


■ビートコミュニケーション 会社概要
(1)商号     :株式会社Beat Communication
          ( http://www.beat.co.jp/ )
(2)代表者    :代表取締役 村井 亮
(3)本社所在地  :東京都港区南青山5-8-1 Scene Akira 3F
(4)設立年月日  :2004年1月6日
(5)主な事業の内容:ソーシャルネットワークサービスの構築、販売
          ソーシャルメディア全般の
          コンサルティング・企画・開発・運営
(6)資本金    :34,000千円


■米国クラリゼン社について
米国クラリゼン社は、コラボレーティブ(協調的)なプロジェクト管理のソリューションを、あらゆるビジネスにもたらすという明確なビジョンをもとに設立されました。クラリゼンにより、ビジネスの連携と協業が極めてシンプルになると同時に、プロジェクト成功に向けた確かな実行管理が実現されます。クラリゼンは、企業用途のプロジェクト管理をオンデマンド―SaaS方式―で提供します。クラリゼンにより、プロジェクトに関わる全スタッフの積極的な参加と協力が可能となり、真のチームコラボレーションを実現すると同時に、常に更新される知識の共有は、プロジェクトをビジネス目標とシンクロナイズさせるための手助けともなります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング