世界120カ国で愛されるTHERMOSブランド「サーモス eatシリーズ」9月1日より全国で発売開始!

@Press / 2012年9月13日 9時30分

スープを持ち運べる「真空断熱フードコンテナー(JBJ-300)」
 サーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:樋田 章司)は、自由に組み合わせができるお弁当箱「サーモス eatシリーズ」を9月1日より全国の量販店にて発売を開始いたしました。
 「サーモス eatシリーズ」は、現在女性を中心に大人気の魔法びん構造のお弁当箱「サーモス 真空断熱フードコンテナー」に、断熱構造の保冷バッグ付き弁当箱「サーモス フレッシュフードコンテナー」を用途に合わせてカスタマイズできる新しい形のお弁当箱です

フレッシュフードコンテナー(DJI-500)
http://www.atpress.ne.jp/releases/29881/b_2.JPG
真空断熱フードコンテナー(JBJ-300)
http://www.atpress.ne.jp/releases/29881/a_1.jpg


 2009年にファーストモデルを発売した「真空断熱フードコンテナー」は、サーモスの真空断熱技術を活かした魔法びん構造のお弁当箱です。「あたたかいスープをお弁当として持ち歩くことができる」「真夏でも冷たいデザートをおいしく食べることができる」といったお声とともに、お客様から高いご支持をいただいており、現在のスープランチブームの牽引役として大ヒット商品となっています。

 このフードコンテナーをさらに楽しく、さらに便利に使いこなしていただくために、フードコンテナーとセットで使える「フレッシュフードコンテナー」を開発しました。容器は、電子レンジでも使用可能な大(300ml)と小(245ml)の2個セット。断熱構造の保冷バッグは、3段階に高さを調節できるので、真空断熱フードコンテナーを一緒に入れることもできます。
 また、「フレッシュフードコンテナー」に合わせて、「真空断熱フードコンテナー」も新しい4色をご用意しました。
気分に合わせて、用途に合わせて、自分だけのランチタイムを楽しんでいただけます。
 近年節約志向・エコへの意識の高まる中、弁当箱は使い捨てることなく繰り返し使えますので、「エコノミー&エコロジー」という身近なエコライフを実現します。


【サーモス eatシリーズ(DJI-500/JBJ-300)製品概要】

[フレッシュフードコンテナー DJI-500]
・保冷力のある断熱構造の専用保冷バッグ付き
・おかずの汁がもれない
・電子レンジであたためられる(※フタは外してください)
・食洗機対応でお手入れカンタン!
・コンパクトにスタッキングできる
・バックは高さを3通りに調節可能
・バッグは背面ポケットつき

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング