高齢化が進む日本における、「アンチエイジング」にかわる新しい考え方「スマートエイジング」“スマートに年を重ねたい”現代人たち…牛窪 恵氏に聞くトレンドの背景実践のポイントは「知力」「体力」「肌力」

@Press / 2012年9月14日 13時0分

グラフ
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、今後のエイジングに対する考え方のトレンドとして、「スマートエイジング」という概念に注目し、レポートいたします。

誰もが避けては通れない「加齢」。この「加齢」とどのように向き合うかは、これまでも、さまざまな分野においてテーマとして語られてきました。中でも主流となっていたのが、「いつまでも若くありたい」という想いから、加齢に対抗し、進行を遅らせる「アンチエイジング」という概念です。しかし昨今、この「アンチエイジング」とは違った、新しいエイジングの考え方が注目を集めています。それが、「スマートエイジング」です。

「スマートエイジング」とは、加齢を「認めたくないもの」とネガティブに捉えるのではなく、「知的に成熟する人生の発展」としてポジティブに受け入れようという考え方のこと。「スマートエイジング」という言葉には、加齢による変化に対して、賢く(スマートに)対応するという意味合いが込められています。「スマートエイジング」においては、加齢を「人として退化してしまうこと、若さを失うこと」とマイナスに捉えるのではなく、「より人間として成長すること、発達すること」とプラスに捉えます。そして、自らの知能や肌・体が持つ可能性を最大限に引き出すための習慣を取り入れるなど、よりスマートに年齢を重ねるためのアクションにつなげていきます。

高齢化が進む日本においては、この考え方を特に重要視する識者も多く、高齢化社会に対する考え方のパラダイムシフトであるという意見もあります。また、今日では「スマートエイジング」の考え方を体現した商品も多数登場しており、トレンド総研では、今後ますます、この「スマートエイジング」という考え方が拡大していくと予想しています。

そこで、今回トレンド総研では、「スマートエイジング」という考え方に対する一般女性の受容性や、専門家の声、さらに「スマートエイジング」の実践につながる各メーカーの商品について、レポートいたします。


■レポート内容
1、「スマートエイジング」受容性調査
「スマートエイジング」という考え方に対する、一般女性500名の受容性調査の結果をお伝えいたします。

2、専門家が語る「スマートエイジング」注目の背景
「スマートエイジング」という考え方が注目されるようになった背景について、
世代・トレンド評論家の牛窪 恵氏に分析コメントをいただきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング