1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

農家と消費者に直接コミュニケーションの場を!「畑が見えるポータルサイト ルナファーム」をリリース!

@Press / 2012年9月13日 9時30分

株式会社ルナファーム(所在地:東京都新宿区、代表取締役:吉田 浩明)は、農家と消費者のコミュニケーションサイトである「畑が見えるポータルサイト ルナファーム」を8月31日(野菜の日)にリリースしました。

<サイトURL>
http://www.lunafarm.jp/


<背景>
昨今のメディア報道等により「農業」という言葉自体は身近なものに感じている方も多いかと思いますが、実際の農家の仕事内容、我々が毎日食べている野菜や果物がどのように作られているかという事をご存知の方は少なくなっています。
また、市場の変化により農家にも今までは必要なかった営業活動の必要性が生じてきました。
当社代表の吉田 浩明は農家の長男で、自らの就農体験から農家と世間一般との間に温度差を感じておりました。そこで、今まで十分でなかった農家の立場からの情報発信と、対する消費者層との直接のコミュニケーションを実現する場を提供することで将来の日本の農業のあり方を変えるべく当社を設立致しました。


<サイト概要>
「畑が見えるポータルサイト ルナファーム」ではリアルな農業の現状を生産者が自らサイト上で情報発信することができます。それに対して消費者からも感想や質問、応援をすることができます。
SNS形式で、登録をした農家は情報配信や消費者とのやり取りをサイト上で行えます。操作はPCからでも、スマホからでも可能となっています。それだけでなく、野菜の予約販売を行える機能やサイト上からは見られない消費者からの個別問い合わせ機能、作業日誌機能も使用することができます。
(有料会員、無料会員の区分があり、無料会員は使用できる機能に制限があります。)

登録した消費者は、農家の投稿に対してコメントを投稿したり、作物の予約購入をすることができ、自分の食卓に届く野菜の生長過程をサイト上でチェックできるようになります。


<今後の展望>
農家会員・一般会員の確保に努め、サイト上でのやりとりを活性化させ、農家だけでなく、農業に興味を持つ若者や野菜について知りたい一般の人等誰が見ても「日本の農業って面白い!」と思って頂けるサイトにします。
また取扱品目が揃い次第、飲食店と提携して契約栽培の斡旋も行い、消費者との直接取引だけでなく農家に新たなビジネスチャンスを創出していく予定です。


<サイト機能>

■農家会員向け
・タイムライン投稿
その日の農作業や起こった出来事を投稿することで、購買層となる消費者へ情報発信することができます。
・販売機能
自分の畑で獲れる作物を、播種の段階から予約販売を行うことができます。
・業務日誌
ネット上には非公開で、日々の作業進捗や翌日のToDoなど記録できます。
・お問い合わせ機能
個人情報を含む情報のやりとりはネット上には非公開で農家と消費者の間で直接行うことができます。
・SNS連動
FacebookやTwitterとも連動しているので、複数のメディアでの露出が可能になります。

■一般会員向け
・タイムラインへリアクション
農家が発信する情報に対して、「いいね!」やコメントを投稿することで、今まで直接コミュニケーションをとることが難しかった農家と直接やり取りが出来るようになります。
・購入中の作付け一覧
自分が予約購入した作物が一覧表示され、今どんな作業をしているか、あとどれぐらいで収穫なのかをネット上で確認することができます。
・お問い合わせ機能
個人情報を含むやり取りは、ネット上には非公開で農家と直接連絡を取ることが出来ます。


<提供会社概要>
商号  : 株式会社ルナファーム
代表者 : 吉田 浩明
所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-18-26 西新宿FRT-Aビル301
設立  : 2012年5月20日
事業内容: 当社運営サイト「畑が見えるポータルサイト ルナファーム」を通じた一般消費者への特別栽培農産物の販売、及び、農作物生産者への営業・生産管理ツールの提供。
資本金 : 2,000万円
URL   : http://www.lunafarm.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング