【主催】東京都建築士事務所協会、【共催】新宿区・新宿区教育委員会「建築ふれあいフェア2012」の全容を発表!テーマ「未来へ(私たちが、いま、できること 建築を通して)」セミナー、パネルディスカッション、建築相談、展示会 ~9月30日(日)~10月2日(火)新宿駅西口イベントコーナーにて~

@Press / 2012年9月20日 13時0分

一般社団法人東京都建築士事務所協会(本部:東京都新宿区、会長:大内 達史、URL: http://www.taaf.or.jp 、以下 TAFF)は、新宿区と新宿区教育委員会との共催で「建築ふれあいフェア2012」を2012年9月30日(日)から同年10月2日(火)までの3日間、新宿駅西口広場イベントコーナーにて開催します。東京都内の中学生によるシンポジウム「子ども未来会議:中学生の考える未来の町」、雑誌「AERA」副編集長の講演やパネルディスカッション「都心の防災対策を考える」を始め、建築相談や建築関連企業等の展示会等を催し、建築を通して「未来」へ「今」できることは何かを考える機会とします。

【建築ふれあいフェアとは】
「建築ふれあいフェア」は、建築物を通して東京の生活環境の整備や、震災対策の促進等に取り組んでいるTAAFの仕事に対して都民からの理解を獲得するとともに、東京を安心で安全、地球環境に貢献する「美しいまち」にしていくことを都民と共に考える機会とすることを目的として2005年に初めて開催しました。期間と場所は今回同様で「みんなが安心して暮らせる美しいまち」をテーマに、一般消費者、専門家、多数の会員が来場し、延べ10,000人を集め、成功裡に終了しました。今回は第8回目の開催、同フェアの概要は以下の通りです。


■「建築ふれあいフェア2012」概要
・テーマ :未来へ(私たちが、いま、できること。建築を通じて)
・日時  :2012年9月30日(日)~10月2日(火)
      11:00~20:00(最終日は16:00終了)
・会場  :新宿駅西口イベントコーナー
・入場料 :無料
・主催  :一般社団法人東京都建築士事務所協会
・共催  :新宿区・新宿区教育委員会
・後援  :東京都、社団法人東京建築士会、
      社団法人日本建築家協会関東甲信越支部、
      社団法人東京建設業協会、一般社団法人日本建築構造技術者協会
・出展企業:30社

・プログラム(演目等は変更される場合があります)
■9月30日(日)
・Aステージ
11:00~11:30 オープニングセレモニー
11:30~12:30 新宿区立の小学生による児童画コンクール表彰式
13:00~14:30 シンポジウム「子供未来会議 中学生の考える未来の町」
15:00~16:30 シンポジウム「災害に強いまちづくり」大学生の考える未来の町
17:00~18:30 講演「震度7を生き残る」出席者 AERA副編集長 片桐 圭子 氏
19:00~20:00 未来クラシックコンサート 演奏「コルーチェ」
・Bステージ
丸太切り大会(東京都多摩産材を使用)(12:30~、14:30~、16:30~各30分)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング