ソーシャルメディア時代の価値は、共有、共感、共鳴へ 翔泳社が『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』を刊行!

@Press / 2012年9月20日 13時0分

書影
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐々木 幹夫)は、阿久津 聡、谷内 宏行、金田 育子、鷲尾 恒平著、野中 郁次郎解説、『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』を2012年9月18日に刊行いたしました(A5版並製、292ページ、1,800円+税)。

「世間」は消失した。あらゆるビジネスは、今後「新しいコミュニティ」にステージを移す必要がある。
 村上 龍(本書オビ推薦より)


◆本書の概要
Facebookをはじめとする各種ソーシャルメディアサービスが急速に浸透するなか、欧米では人と人がつながることにより生まれる経済価値が注目を浴びています。
日本はソーシャルメディア後進国と言われながらも、ソーシャルメディア時代の価値観とそこに紐づく消費は大きな変革期へと来ています。
本書では、経済価値をも変えてしまう、この大きなうねりを「ソーシャルエコノミー」と呼び、そのメカニズムを明らかにします。
AKB48、B-1グランプリ、ニコニコ超会議などの事例をひもとき、日本らしい「和」、そして人の輪が和となる仕掛けとはどのような施策が考えられるのか、経済価値の過渡期を浮き彫りにします。
ソーシャルエコノミーの基盤となるのは、ソーシャルメディアによって展開可能となった「同好コミュニティ」であり、その活性化には日本人が昔から大切にしてきた「和」が不可欠となります。
本書では、伝統的な日本の共同体であるムラを維持する手段として行なわれててきた「宴」や「祭り」をエンターテインメント的に発展させたコンセプトを提示し、コミュニティを創り・育て・盛り上げ、ソーシャルエコノミーを「発動」させるノウハウを提案します。

翔泳社の本: http://books.shoeisha.co.jp/book/b101854.html
Amazon  : http://www.amazon.co.jp/dp/4798128120/


◆著者紹介
・阿久津 聡(あくつ さとし)
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。一橋大学商学部卒。同大学大学院商学修士。カリフォルニア大学バークレー校、経営工学修士(MS)、経営学博士(Ph.D.)。同校研究員、一橋大学商学部専任講師などを経て、現職。専門はマーケティング、消費者心理学、行動経済学。
主な著書に、『知識経営実践論』(共編著、白桃書房)、『ブランド戦略シナリオ』(共著、ダイヤモンド社)などがある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング