1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日経BPコンサルティング調べ「食の安全・安心ブランド調査2012」キリンビールが初の1位に躍進、サントリーが僅差の2位に― 約7割が「食ブランドの安心イメージ」を気にすると回答 ―

@Press / 2012年9月21日 10時30分

表1 食の安心ブランドスコア
株式会社日経BPコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、「食の安全・安心ブランド調査」( http://nkbp.jp/food2012b )を実施し、2012年9月21日に調査結果報告書を発行・発売した。本調査は、食べ物や飲み物を製造・販売する企業や、外食関連企業・店舗など300ブランドの「安全・安心」イメージを消費者に聞いた。

1位となったのは、昨年の20位から躍進したキリンビール。「認知度」を除く5つの指標が昨年の結果を上回り、初のトップとなった。2位は昨年1位のサントリー。6指標の結果はいずれも昨年と同レベルを維持し、0.1ポイントという僅差でキリンビールに続いた。
また、66.8%が食関連のブランドが持つ「安心」というイメージを気にすると回答。消費者に対して「安心」イメージを伝える事の重要性が明らかになった。


調査は2012年6月27日(水)~7月22日(日)に実施し、22,253人から回答を得た。

企業、商品、流通、外食・中食の主要300ブランドを調査対象として、各ブランドの「認知度」「利用度(どの程度購入/利用しているか)」「イメージ(15項目)」「利用意向度(今後(も)購入/利用したいか)」「推薦意向度(友人・知人に勧めたいか)」「安心度(安心して食べる/購入/利用できるか)」の6指標についてたずねた。その結果から「食の安全・安心ブランドスコア」を算出した(すべて平均50、標準偏差10の偏差値)。


■キリンビールが2011年の20位から1位に躍進
6指標中、5指標で昨年を上回る

「食の安全・安心ブランドスコア」トップとなったのは、2011年20位のキリンビール。「認知度」を除く5指標が昨年の結果を上回った。「利用意向度」「推薦意向度」「イメージ」は、10ポイント以上昨年結果を上回る結果となった。30代以下の若年層の評価が上がった点も特徴的。
イメージ項目では「品質管理がしっかりしている」「衛生管理がしっかりしている」が、3ポイント上昇した。「何度か工場見学会に参加した事がある。工場内もとても綺麗でいろいろ説明も聞いて安心できる。(29歳、男性)」「工場見学したことがあり、とても清潔で素晴らしい施設だった(42歳、女性)」など、工場見学という接触ポイントでキリンビールの取り組みを知り、高く評価した回答者からの声も多く寄せられた。
2位は昨年1位のサントリー。6指標の結果はいずれも昨年と同レベルを維持し、0.1ポイントという僅差でキリンビールに続いた。上位20位の顔ぶれをみると、ヱビスビールが14位(2011年:27位)、サッポロビールが15位(同:35位)と、アルコール飲料系のブランドが昨年からスコアを上げてラインクインした。他にも、ヤクルト(6位、2011年:19位)、モスバーガー(10位、同:45位)、セブン-イレブン(11位、同:44位)、ハウス食品(18位、同:29位)などが順位を上げた。

【食の安全・安心ブランドスコア 上位20ブランド】(表1)
http://www.atpress.ne.jp/releases/30086/1_1.gif


■66.8%が「食ブランドの安心イメージ」を気にすると回答
54.1%が外食・中食で提供される食品の原材料を気にする

食品関連の企業、メーカー、商品、スーパー、コンビニエンスストアなどの店舗、外食・中食店のブランドが持つ「安心」というイメージを気にするかどうかを尋ねた結果が図1である。66.8%が「気にする」(非常に気にする+気にする)と回答。「気にしない」(全く気にしない+気にしない)は1割未満にとどまった。毎日口にするものについて、「安心」イメージを伝えることは、そのブランドが受け入れられるために重要かつ必要なことだと言ってよいだろう。

【食関連ブランドの安心イメージに対する意識】(図1)
http://www.atpress.ne.jp/releases/30086/2_2.gif


さらに、回答者の54.1%が、外食するお店や惣菜などを持ち帰りする店(中食店)を選ぶ際に、提供する料理や飲み物の原材料について「気にする」(非常に気にする+気にする)と回答。店舗の原材料へのこだわりを、消費者に伝えることも重要と言える。

【外食店や中食店で提供される食品の原材料に対する意識】(図2)
http://www.atpress.ne.jp/releases/30086/3_3.gif


※調査概要
●調査手法    :インターネット調査

●調査対象    :日経BP/日経BPコンサルティング 調査モニター、
          日経BP社が運営するネットメディア登録者など、約53万人(延べ)

●有効回答数   :22,537件(日本の人口の性・年代の比率に合わせて補正して集計)

●回答者属性
性別       :男性50.3%、女性49.7%
年齢       :29歳以下16.1%、30歳代19.9%、40歳代20.0%、
          50歳代18.0%、60歳代21.1%、70歳以上4.9% (平均年齢46.8歳)
居住地域     :北海道・東北6.9%、関東49.7%、中部13.8%、
          近畿18.1%、中国・四国5.6%、九州・沖縄5.8%

●調査対象ブランド:国内の主要な食品関連の企業、商品、店舗など 計300ブランド

●調査実施期間  :2012年6月27日(水)~2012年7月22日(日)

●調査企画・実施:日経BPコンサルティング

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

図1 安心イメージの意識 図2 原材料に対する意識

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング