独自技術で映像の暗い部分を見やすく補正するセキュリティ市場向けフルHD対応モニターを発売

@Press / 2012年9月25日 15時0分

DuraVision FDF2303W
【1】概要
株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、セキュリティ市場向けに、監視カメラ映像を見やすく補正する独自の暗部視認性向上技術搭載の58cm(23.0)型カラー液晶モニター DuraVision FDF2303Wを2012年10月1日に発売します。価格はオープン価格(※)。

※オープン価格の商品は標準価格を定めていません。参考価格(EIZOダイレクト販売価格・税込):\49,800-


DuraVision FDF2303Wは、当社独自の暗部視認性向上技術「Smart Insight」を搭載。入力画像に含まれる、人の目で見分けにくい箇所をリアルタイムで検出し、実際に人の目で感じる視認特性に基づいた、自然かつ細部まで見やすい画像に自動補正を行い表示します。
表示モードは、PC用途に適した「sRGB」と、監視カメラのDayモードに適した「Day」、Night(モノクロ)モードに適した「Night」を備えており、用途に応じて切替えが可能です。

デジタルビデオカメラ映像の表示に適したフルHD(1920×1080ドット)解像度に対応し、入力端子はPCおよびビデオ入力に対応するHDMI端子×2系統に加え、デジタルとアナログの各PC入力を搭載しています。
画面を斜めから見ても表示がクリアな広視野角IPSパネルの採用や、画面への映り込みが目立ちにくい表面ノングレア処理、リモコンの標準装備などにより、さまざまな設置環境で快適に使用することができます。


【2】その他の特長
・ノイズの際立ちを抑え、奥行き感を損なわない画像先鋭化技術「Smart Resolution」を搭載
・応答速度を高速化して動きの速い画像をクリアに表示するオーバードライブ回路搭載
・照度に応じて適切な画面の明るさに自動調整を行う「Auto EcoView」機能
・LEDバックライトを採用し、超低輝度まで幅広く画面の明るさを調整可能
・昇降、チルト、スウィーベルのスタンド可動で、快適な画面位置に調整可能
・VESAマウント取付穴を装備し、壁掛けやアーム取付けも容易
・スピーカー、ヘッドホン端子を搭載し、音声ニーズに対応


【3】主な仕様
◆サイズ:58cm(23.0)型 (可視域対角58.4cm)

◆液晶パネル種類:IPS

◆視野角(コントラスト比10:1時):水平178°/垂直178°

◆最大輝度(標準値):250cd/m2

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング