ケアネットとウェルビー、高血圧患者500人に調査 「減塩意識が高い」「家庭血圧測定習慣がある」「家庭血圧測定値をより重要と考えている」 高血圧患者では血圧コントロールが良好

@Press / 2012年9月24日 13時0分

医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は、株式会社ウェルビー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:比木 武)と2012年8月31日から9月4日までの期間において、高血圧患者500人に対し、家庭血圧測定状況に関する調査を実施しました。
現在、わが国の高血圧人口は4,000万人ともいわれ、急速な高齢化が進行している状況下、今後さらなる高血圧人口の増加が予想されています。一方、家庭血圧計の普及率は高く、高血圧患者の77%は所有しており、臨床医の90%は患者さんに家庭血圧測定を勧めていると報告されています。本調査は、高血圧患者に診察室血圧および家庭血圧の血圧コントロール状況および、それに影響を与えると考えられる生活習慣を尋ねたもので、その結果、減塩意識の高い方、家庭血圧測定習慣がある方、診察室血圧値より家庭血圧値を重要視する方で血圧コントロールが良好であることが明らかになりました。

結果概要は以下のとおり、詳細はケアネット・ドットコムにてご覧いただけます。
http://www.carenet.com/special/1209/investigation/index.html


【結果概要】
本調査は2012年8月31日から9月4日までの期間において、高血圧症で「定期的に医療機関に通院している」500人を対象にオンラインにて実施。回答者500人中、50歳未満が24.4%、50歳代が43.0%、60歳以上が32.6%、男性が82.8%。
以下、診察室収縮期血圧が140mmHg未満、家庭収縮期血圧が135mmHg未満(いずれも回答者の申告による)を「血圧コントロール良好」と定義し、血圧コントロールに影響を及ぼす患者さんの生活習慣について分析した。


◆「減塩意識が高い」高血圧患者は血圧コントロールが良好
「食事での減塩を心がけている」と回答した高血圧患者は48.4%。「減塩を心がけている」高血圧患者では血圧コントロール良好者の割合が52.3%であり、「減塩を心がけていない」または「どちらとも言えない」患者さんの47.1%より血圧コントロール良好者の割合が高かった。

◆「家庭血圧測定習慣がある」高血圧患者では血圧コントロールが良好
回答者の92.6%が家庭血圧計を所有しており、53.2%が1週間に1回以上測定する習慣があった。「家庭血圧測定習慣がある」高血圧患者では血圧コントロール良好者の割合が53.8%であり、「家庭血圧測定習慣がない」患者さんの43.5%より血圧コントロール良好者の割合が高かった。

@Press

トピックスRSS

ランキング