【ウェルビー・レポート】ウェルビーとケアネットが共同で高血圧患者500名に調査~高血圧症患者での「減塩意識」と「家庭血圧測定」による自己管理で高血圧症治療における血圧降下に効果あることが判明~

@Press / 2012年9月24日 13時0分

株式会社ウェルビー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:比木 武)は株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)と共同で、高血圧症患者500名を対象に、家庭血圧の測定と効果に関する調査を実施しました。
ウェルビーは、患者の意見・行動を調査の上、集計・分析を実施、今後も「ウェルビー・レポート」として定期的に配信いたします。この度のケアネットとの共同調査は、その第1弾となります。
患者が疾患について理解を深めるための情報発信を行うとともに、医師をはじめとした医療従事者向けて調査結果を届けることで、医療従事者と患者のコミュニケーションの促進を図ることを目的としております。
調査概要と結果は以下のとおり、詳細はウェブサイト( http://welby.jp/ )ならびに提携メディアにて公表いたします。


【調査概要と結果】
本調査は2012年8月31日~9月4日に、高血圧症で「定期的に医療機関に通院している」500名を対象にオンラインにて実施。患者の自己管理・生活習慣と血圧降下への影響について分析しました。その結果、「減塩意識」の高い患者、「家庭血圧測定」習慣のある患者において、血圧コントロールが良好であることが明らかになりました。

・家庭血圧の測定習慣については、全体の53.2%が週1回以上の「家庭血圧測定」習慣有りと回答。測定習慣が無い場合は、測定習慣がある場合に比べて41.1%も高血圧症が多い。

・「家庭血圧」と「診察室血圧」については、「家庭血圧をより重視する」との回答が、「診察室血圧をより重視する」との回答に比べて10.4%多い。

・減塩意識の有無については、「ある」と回答した高血圧症患者が全体の48.4%。「なし」もしくは「どちらとも言えない」と回答した高血圧症患者は、「ある」と回答した場合に比べて43%も高血圧症が多い。

・血圧測定した場合の記録については、半数を超える56.6%が何らかの形で記録をつけていると回答。病院で渡された血圧手帳が最も多く35.4%、次いで自分のパソコン、自分のノートなどに記録しているとの回答が多く見られた。

ウェルビーは今後も「医療×IT」の可能性を追求し、生活習慣病をはじめとする疾病治療分野にフォーカスし、患者、医療従事者等、医療に関わる方々のコミュニケーションの円滑化、治療のサポートにつながるサービスを開発、提供して参ります。


●社名   : 株式会社ウェルビー
●URL    : http://welby.jp/
●本社所在地: 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町8-17-803
●設立年月日: 2011年9月
●代表者  : 代表取締役 比木 武(ひき たける)
●事業内容 : ・医療関連オンライン調査事業
        ・医療関連情報メディア運営
        ・メディカルアプリ(疾患の管理・治療にかかるクラウドサービス)の開発・運営

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング