1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

農業生産法人アグリフューチャー 新規事業分野人材を募集開始 ~将来の独立も視野に入れ、農業経営のプロフェッショナルを育成~

@Press / 2012年10月4日 10時0分

幹部育成方針
宮城県で農産加工品などの商品企画・小売業を行う株式会社いざなみ(本社:宮城県仙台市青葉区 http://www.iza-nami.com )は、農業生産法人有限会社アグリフューチャー(本社:宮城県大崎市鹿島台)と業務提携を行い新規事業を開始するとともに、それに伴う人材募集を行います。

想定する人材像は将来経営者を目指す20代の若者で、1年目は農作業を通して栽培技術・野菜知識の習得に徹して、野菜栽培士・野菜ソムリエの資格を取得。2年目は経営面でコスト管理や販売ノウハウを習得し、本人の希望があれば、パートナー会社の経営する小売店や飲食店への派遣も行います。3年目以降は本人の実力により順次独立をさせていきますが、認定農業者、調理師、シニアソムリエと上級職を取得することで様々な職種で経営者に就くことが可能となります。


■応募条件
年齢 :20代前半
職能 :普通免許(マニュアルが望ましい)、食品関係の資格(望ましい)
勤務地:宮城県大崎市、仙台市
その他:明るく元気に他人とコミュニケーションができる人
    農業経営に対する関心が高く、将来独立を目指す人
    六次産業化を積極的に行いたい人
    農業だけでなく、フードビジネスにも幅広く関心がある人


■幹部育成方針
http://www.atpress.ne.jp/releases/30143/1_1.PNG


■新規事業の概要
新規事業はパイプハウス施設における密植栽培技術導入による少量多品目の野菜・ハーブ・果実などの生産をベースとしています。この事業に対し、施設に投資する投資家と施設の区画を仮想的にレンタルする個人やレストランなどの個店、その他団体を募集致します。投資家は1棟450万円の施設建設等の費用に投資し、生産物の売上に伴う利回りを毎年配当します。区画の仮想的な所有者は、月額一定の費用を支払うことで旬の野菜など生産物を受け取ることと収穫などの農業体験を楽しむことも可能です。年間を通して農作業はアグリフューチャー社が行い、生産物に関してはリクエスト(注文)を行うことも可能です。


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング