『オメガ3の現在(いま)に迫る!』 第4回機能性食品素材セミナー2012年10月19日開催!

@Press / 2012年10月1日 10時0分

魚介類摂取量の年次推移
国民が健康且つ、心にゆとりを持った生活が送れる様、QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上を目指す「日本を健康にする!」研究会(会長:矢澤 一良、事務局所在地:東京都千代田区)は、この度第4回機能性食品素材セミナー『オメガ3の現在(いま)に迫る!』を、東京海洋大学品川キャンパス楽水会館(所在地:東京都品川区)にて2012年10月19日に開催いたします。

第4回機能性食品素材セミナー詳細:
http://www.nihon-kenko.jp/pdf/20120824.pdf


【『オメガ3の現在(いま)に迫る!』セミナーについて】
 1990年代に多くの研究成果が発表され注目を受けた「オメガ3」。「オメガ3」には、魚の油に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、亜麻やシソなど植物由来のα-リノレン酸があります。この「オメガ3」は体内で生成することが出来ないため、「日本人の食事摂取基準2010」の中ではn-3系脂肪酸として1日の摂取目標量が設定されており、魚由来のDHA・EPAについては<1g/日以上摂取することが望ましい>とされています。
 しかし、現代の日本人の食生活は欧米化が進んだ結果、日本古来の魚を中心とした和食離れが進み、1996年には1日当たり96.9g摂取されていた魚介類が、2010年には72.5gと大幅に減少しています。DHA・EPAを<1g/日以上>摂取するには魚を約90g/日以上食べることが望まれますが、現状はかなり難しく、不足分を健康食品・サプリメントなどで補う必要があると考えます。
 本シンポジウムでは「オメガ3」をテーマにし、これまでの「オメガ3」の歩みを振り返るとともに、様々な角度から「オメガ3」の科学的根拠や今後の予防医療における可能性について有識者による講演を予定しております。


【魚介類摂取量の年次推移】1人1日当たり(g)
1975年:94.0
1980年:92.5
1985年:90.0
1990年:95.3
1995年:96.9
1998年:95.9
1999年:94.3
2000年:92.0
2001年:94.0
2002年:88.2
2003年:86.7
2004年:82.6
2005年:84.0
2006年:80.2
2007年:80.2
2008年:78.5
2009年:74.2
2010年:72.5

※「魚介類摂取量の年次推移」は下記の資料を参照
http://www.atpress.ne.jp/releases/30151/1_1.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング