復興の歩みを支えるのはファンの力!三陸鉄道「秋のさんてつ祭」&「久慈ありすバースデーパーティー」

@Press / 2012年9月26日 12時0分

岩手県の三陸海岸を縦貫する三陸鉄道、通称“さんてつ”。三陸鉄道株式会社では2012年11月3日(土)に「久慈ありすのバースデーパーティー」、11月4日(日)に「第4回秋のさんてつ祭」を開催します。多くのファンに支えられて震災からの復興に向かう三陸鉄道にぜひお越しください!


■ 復興の歩みを伝えたい!感謝の気持ちで「さんてつ祭」開催!
三陸鉄道 北リアス線(岩手県宮古駅~久慈駅間)は今年の4月1日、昨年の震災で被災した陸中野田-田野畑間の運行を一部再開し、復興の象徴として多くの県民を勇気付けました。今年も毎年恒例となっている「秋のさんてつ祭」を開催し、感謝の気持ちと、復興に向かう確かな歩みを伝えます。
※現在の北リアス線運行区間:久慈駅~田野畑駅、小本駅~宮古駅

・開催日 2012年11月4日(日)
≪三陸鉄道 久慈駅前広場 10:00~14:00≫
もちまき、久慈地域の旨い物販売、三陸鉄道グッズ類販売 ほか
≪三陸鉄道 北リアス線運行部 10:00~15:00≫
震災による被災~復旧状況パネル展示、クイズ大会、じゃんけん大会、鉄道用品オークション、車両けん引レース(人力による)、軌道自転車乗車体験、同人誌即売会 ほか


■ ファンの手づくり企画満載!『鉄道ファン』から『岩手ファン』へ!
「久慈ありすバースデーパーティー」は11月3日(土)、臨時列車内(久慈駅-田野畑駅往復)で開催予定。毎年、全国から多くのファンが訪れます。
「久慈ありす」は、株式会社トミーテックが2005年11月に第1弾を発売した「鉄道むすめ」の第2弾として、2006年3月に登場。その愛くるしい笑顔が人気を呼んで、11月3日の誕生日に合わせて、毎年バースデーパーティーが開かれています。
パーティーの企画がほとんどファンによる持ち込み企画であり、全国から訪れるファンの皆さんが、自分たちがやりたいことを一から企画します。昨年は車内で特製ケーキを食べ、景品をゲットできるじゃんけん大会で盛り上がりました。
もともと、三陸鉄道や久慈ありすが好きで久慈地域を訪れたファンたちは、久慈の風土や三陸鉄道職員を始めとした人の温かさに接するうちに久慈地域や岩手県そのものの『ファン』になり、イベント以外でも久慈地域を訪れています。彼らは今では三陸鉄道の復興に欠かせない存在であり、三陸鉄道はこのような『ファン』の皆さんに支えられ、復興の歩みを進めています。

※「久慈ありすのバースデーパーティー」は11月3日(土)に臨時列車にて開催します。乗車には事前予約が必要です。事前予約は三陸鉄道ホームページからお願いします。


<関連URL>
・三陸鉄道ホームページ
http://www.sanrikutetsudou.com/
※9月中に情報がアップされる予定です。

・三陸鉄道ホームページより(昨年度のさんてつ祭について)
http://www.sanrikutetsudou.com/2011/11/%e7%ac%ac%ef%bc%93%e5%9b%9e%e7%a7%8b%e3%81%ae%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a6%e3%81%a4%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%82%8f%e3%81%97%e3%81%84%e5%86%85%e5%ae%b9%e3%82%92%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89.html
(※「第3回さんてつ祭」で検索してください。)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング