9月29日は、「世界ハートの日」 エドワーズ、1,000人への「心臓弁膜症に関する意識調査」結果発表― 心臓弁膜症の危険性への理解が低い事実が明らかに ―

@Press / 2012年9月26日 15時0分

心臓弁膜症の認知度
人工心臓弁ならびに血行動態モニタリング技術の世界的リーダー、エドワーズライフサイエンス社の日本法人、エドワーズライフサイエンス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:ケイミン・ワング、以下 エドワーズ)は、9月29日の「世界ハートの日」※1に向けて、全国40歳以上の男女1,000名に対し、心臓弁膜症に関する意識調査を実施しました。


以下、調査結果をお伝えします。


1.「心臓弁膜症」の認知度は80%と高いものの、世代別では40代における認知度の低さが目立つ結果に。40代が気をつけるべきポイントは、「自分が動脈硬化予備軍だと認識する」ことと「自分の親世代は心臓弁膜症になりやすい年代だと知り、健康状態を気にかけてあげる」こと。


2.心臓弁膜症は、自覚症状がないまま悪化することがある病気だと知っているのは30%のみ。病気になっても気づけない実態が明らかに。


3.57%が、心臓弁膜症は身近な病気だとは思わない、と回答。また、高齢による動脈硬化などが原因となる病気だとは74.5%が認識せず。特別な病気だと誤解している可能性も。

調査結果PDF
http://www.edwards.com/jp/NewsRoom/Pages/20120926research.aspx


■医師の視点から見た、エドワーズ心臓弁膜症意識調査結果
イムス葛飾ハートセンター 院長 田鎖 治先生(心臓血管外科)

「今回の調査結果によると、心臓弁膜症は自分には関係のない病気、と感じている人が多いようですが、近年では年間17,000人以上の方が心臓弁膜症で手術を受けています。これは10年前の数と比べると約2倍に増えており※2、最近では決してめずらしい病気ではありません。
また、心臓弁膜症は本人が気づかないまま、進行してしまうこともある病気だということが、あまり認知されていないという結果は気になります。この病気は、はっきりした症状が出るころには重症になっており、いざ手術をしても完治しないことや、死にいたるケースもあるからです。
心臓弁膜症は、早めに病院で受診して適切な治療を受ければ治ることが多いので、明らかに以前よりも症状がひどくなってきた場合などは、「歳のせいかな?」と思っていても、ぜひ、一度医師に相談してください。また、家族や周囲の人同士で、互いに気をつけあうことも、自分では気がつかない変化を見つけることにつながります。」


【心臓弁膜症とは】
心臓の弁の働きが悪くなり、血液の流れが滞ったり、逆流したりする病気です。心臓に負担がかかる状態であるため、息切れやめまい、胸が痛くなる、などの症状のほか、ひどい場合は失神、心不全などのさまざまな状態を引き起こし、最悪の場合死にいたることもあります。自然に治ることはなく、重症になると、治療は手術によって行います。近年は、心筋梗塞のように、動脈硬化に関連した心臓弁膜症が増加しています。心臓弁膜症には、大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症など、いくつかの種類があります。

@Press

トピックスRSS

ランキング