BIGLOBEが食材を登録し消費期限を管理できるアプリ「冷蔵庫チェッカーDX」をGoogle Playで公開~約8割が消費期限切れで食材を捨てている~

@Press / 2012年10月2日 11時0分

トップ画面
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2012/10/121002-1


BIGLOBEは、本日から、冷蔵庫の中の食材を登録し、買い忘れや買いすぎ、消費期限切れなどを防ぐAndroid(TM)搭載スマートフォン向けアプリ「冷蔵庫チェッカーDX」をGoogle Play(TM)において170円(税込)で販売いたします。本アプリは、無料版「冷蔵庫チェッカー」の機能を強化したもので、本年9月よりauスマートパス向けに先行配信を開始しています。
( http://andronavi.com/2012/10/220295 )

BIGLOBEの美容・ライフスタイル情報サイト「Kirei Style(キレイスタイル)」と連携して実施した“食材の消費期限に関するアンケート”(注1)では、大半の人が食品の消費期限を意識しているにもかかわらず、この1ヵ月以内で約8割の人が、消費期限切れや、傷みにより食材を捨てたことがあると回答しています。本アプリは、食材の無駄を減らすことで、節約やエコな生活もサポートするものです。


「冷蔵庫チェッカーDX」の特長は以下の通りです。

1.食材を選ぶだけで、簡単に登録できる
肉類、野菜など11つのカテゴリーに分類された140種類以上の食材リストから、購入したものを選択し、個数を入力するだけで簡単に食材を登録できる。ズッキーニやゴーヤなど、リストにない食材も登録したいという利用者のニーズに応え、有料版ではリストにはない食材を追加できるカスタマイズ機能も提供。

2.消費期限が近づくとお知らせしてくれるタイマー機能
あらかじめ設定された日数が経過すると、スマートフォンの通知エリアに注意をうながすトマトのマークを表示するタイマー機能を提供。“うっかり使い忘れる”ことを防ぎ、食材の無駄をなくす。なお、日数は食材ごとにあらかじめ設定されているが、利用者の好みでそれぞれ変更することができる。

3.食材からレシピを検索できる
「Kirei Style」などが提供するレシピ情報と連携。食材からのレシピ検索により、“期限が迫っているが使い切れない”といった食材の活用をサポート。

4.非常食なども管理できる“収納庫”を有料版限定で提供
“収納庫”では、防災対策用非常食、調味料、乾燥食品、飲料、お菓子の5つの分類で長期間保存できる食材を管理できる。小麦粉や調味料など、特売日などに買いだめしがちな食材は、ストックしている数を記録することで、買いすぎを防止できる。また、防災対策用非常食のコーナーでは、あらかじめ、水、アルファ化米、バランス栄養食など17種類の食材を掲載しているため、“何を準備したらよいかわからない”という人はガイドとして参考にできる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング