“日本の食と環境を守るため私たちにできること”自然型農業から日本復興を考える会― 自然型の農業・エネルギー、次世代環境科学技術活用で日本を復興しよう! ―

@Press / 2012年9月27日 17時0分

 「自然型農業から日本復興を考える会」(発起人:日本豊受自然農代表 由井 寅子)は、9月30日の18時15分より、1時間の予定で、東京・ベルサール神田2Fホールにて、発起大会兼メディア会見を行います。

「自然型農業から日本復興を考える会」について
http://toyouke.com/index.html


 311震災以降、放射能汚染問題や災害復興対策、経済問題などで大変な苦境にある日本が復興していくために、食の源流、そして健康の源である日本の農業を自然型農業に改革することが日本復興につながることを提唱し、賛同いただく方々とともに今後、広く活動を展開していきたいと考えています。
 戦後、我が国は、不自然な農薬や化学肥料を大量に使うことで肥沃だった日本の大地・土壌の力を弱め、また一代限りのF1の種など、種・遺伝の操作で植物自体を不自然なものにすることで私たちは大変な健康リスクを負い、食の安全が脅かされることになりました。
 また日本の農村の荒廃は大変な惨状で、後継者のいない高齢化が進む日本の農村・農業崩壊は、食の安全保障の崩壊、ひいては国家の根幹を揺るがしかねない危機にあると案じております。私たちは、これからの時代に、日本人が健康で安定した生活を維持していく上で、まず、自然型農業に改革することが第一であり、そこには大きな希望があると考えます。
 例えば自家採種など自然な種を使うこと、農薬、化学肥料をできるだけ使わず、土本来の力、土壌菌や発酵作用、虫たちなど、自然の力を活用する土作りなどで自然型農業への回帰への提言をしたいと思います。
 一方で、現在は、化学物質や重金属、放射能などの環境汚染が、通常の科学技術では回復することが困難なほど深刻化しています。そのため、本物の環境回復技術が農業分野に必要です。
 幸い日本には、複合発酵、土壌菌などのバイオテクノロジー、生体エネルギーなどさまざまな環境回復技術を研究・実践されているすばらしい次世代科学者・メタサイエンティストたちがいらっしゃいます。そういった専門家とも手を携えながら、日本を復興していくプロジェクトを広く、関心のある皆様と手を組み産業として立ち上げていきたいと思います。自然型農業から日本を復興していくための今回の発起大会兼メディア会見にぜひお集まりください。

 また、種々な環境回復技術を研究・実践されるすばらしい次世代科学者・メタサイエンティストたちが集い、発表やパネルディスカッションを行う2日間の学術大会(9月29、30日本豊受自然農も協賛)に引き続いての会見となりますので、学術大会参加ご希望の方は合わせてお問い合わせ下さい。


■発起大会兼メディア会見 開催日時・開催会場
2012年9月30日(土) 18時15分~(※1時間を予定しております。)
東京・ベルサール神田2Fホール


■学術大会 開催日時・開催会場
2012年9月29日(土) 9時30分~19時30分
     30日(日) 8時30分~18時00分
東京・ベルサール神田


※賛同者は順次ホームページに掲載予定

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング