インフォコム、医療機関向けITシステムのラインナップを拡大~病院薬剤師向けに病棟薬剤業務を支援するシステム「Ward Meister」の提供を開始~

@Press / 2012年10月1日 16時30分

「Ward Meister」とインフォコム既存システムとの連携イメージ
 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下 インフォコム)は、平成24年度診療報酬改定における「病棟薬剤業務実施加算(※1)」の新設に対応した、病院薬剤師による病棟薬剤業務を支援するシステム「Ward Meister」の提供を10月より開始します。

 インフォコムは、平成25年3月期を初年度とする中期経営計画(平成24年2月6日公表)において、医療機関や製薬企業、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業領域の1つに位置付け、製品機能強化や品質の向上、競争力の強化に取り組んでいます。

 医療機関向けITサービスでは、医療の質向上を目指し、「薬剤情報管理」、「診療録管理」、「経営支援」、「診療支援」、「放射線・医用画像」分野の広範囲な医療情報を有効に活用したソフトウェア製品やソリューション、情報サービス、及び、それらを補完するユニークで価値が高いソリューションとその将来像等の情報を提供しており、多くの医療機関の薬剤管理 / 診療情報管理 / 診療支援 / 経営管理/放射線等の部門においてご利用いただいております。


【病棟薬剤業務支援システム「Ward Meister」開発の背景】
 平成24年度診療報酬改定において「病棟薬剤業務実施加算」が新設されたことに伴い、医療機関がこの加算を受けるためには、病院薬剤師による病棟薬剤業務の業務実績を管理する必要が生じることとなりました。
 現在、大半の医療機関では病棟薬剤業務の管理を紙またはWord / Excelで行っており、低効率また記録ミス等が多いのが実情です。
 このようなことから、病棟薬剤業務のシステム化について、インフォコムが提供する医療機関向けシステムのユーザー様をはじめ多くの医療機関の皆様から、ご要望やご相談をいただいており、そのご要望にお応えし、病棟薬剤業務支援システム「Ward Meister」の開発を進めました。


【今後の目標と展開】
 「Ward Meister」は、既にインフォコムから薬剤管理指導支援システム「PICSks」「PICSWEB」を導入していただいている医療機関向けに紹介を開始し、平成25年3月期において10機関への導入を目標としています。また、「Ward Meister」と「PICSks」「PICSWEB」との一括導入の提案も進め、平成27年3月期までの2年半で100機関への導入を目標として販売を進めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング