「BYODソリューション推進室」の新設について~私有スマートフォンやタブレットなどの業務利用を実現するBYODソリューションの推進~

@Press / 2012年10月1日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、昨今のスマートフォンやタブレット型端末の急速な普及を背景とした、私有スマートフォンやタブレットなどの業務利用を実現するBYOD(Bring Your Own Device)ソリューションの事業展開を強化するため、「BYODソリューション推進室」を2012年10月1日に新設しました。
 NTT Comは、昨秋発表した「グローバルクラウドビジョン」に基づき、お客さまICTシステムのクラウド化に加え、各種グローバルシームレスサービスを最適に組み合わせた通信事業者ならではの「グローバルトータルICTアウトソーシング」を推進しておりますが、BYODソリューションを通じてさらにお客さまの生産性向上やコスト削減などの経営課題の解決に向けて貢献していきます。


1.背景・目的
 現在、多くの企業においてBYODを活用したコスト削減や生産性向上、ワークスタイルの変革のニーズが高まっています。
 こうした中、NTT Comでは、業務の効率化と社員が活き活きと働く環境の実現を目指した「働き方改革」(別紙1参照)の一環として、BYODに活用可能な自社サービス *1 の利用推進や従業員向けBYOD関連規程の制定による情報セキュリティ運用も含め、2011年9月の活用開始以来、BYODに関する様々なノウハウを蓄積してきました。
 これらの導入経験を活かしつつ、サービスラインアップの更なる拡充などを図り、お客さまがBYODをより便利に安心してご利用いただけるソリューションを強化・推進していくことを目的に、BYODソリューション推進室を設置しました。

別紙1: http://www.atpress.ne.jp/releases/30303/1_5.pdf


2.NTT Comが提供するBYODソリューションのコンセプト
 NTT Comは、以下の3つのコンセプトに基づきサービスの提供および開発を推進し、お客さまのBYODに対するトータルニーズにお応えしていきます。なお、これらのサービスは、特定の携帯電話会社やスマートフォンなどの機種に依存しない、キャリアフリー/デバイスフリーなサービスとして提供していきます。(別紙2、3参照)

別紙2: http://www.atpress.ne.jp/releases/30303/2_6.pdf
別紙3: http://www.atpress.ne.jp/releases/30303/3_7.pdf

@Press

トピックスRSS

ランキング