アーティスト支援サービス『フリクル』、月額制ファンクラブ設立が可能な「プレミアムサポーター・サービス」公開!

@Press / 2012年10月1日 16時30分

2011年5月の公開から順調に登録者数を伸ばしているアーティスト支援サービス『フリクル』(運用:株式会社ワールドスケープ、代表取締役社長:海保 堅太朗)は、10月1日に月額制ファンコミュニティの設立が可能になる「プレミアムサポーター・サービス」を公開しました。

今回の機能追加によりフリクル登録アーティストは、プロフィールページ上で「プレミアムサポーター」を募ることができるようになります。
プレミアムサポーターは、アーティストが予め設定した金額(月額525円~)を支払うことにより、「プレミアムサポーター限定メールの受信」「限定楽曲や音声の受信」「限定チャットルームへのログイン」などが可能になります。

プレミアムサポーターが支払う会費は、各種手数料を引いた上で最大75%をアーティストに還元します。それにより、今まで実現が難しかった“インディーズ規模のアーティストの月額収入”を創出します。


■新サービス(プレミアムサポーター・サービス)概要
・運用開始  :10月1日(月)より

・サービス内容:
アーティストは予め『フリクル』のマイページ内で、月額525円~2,100円の間で自由にプレミアムサポーター会費の価格設定を行い、さらに特典を設定します。
現状、特典としてアーティストが選択できるのは「プレミアムサポーター限定メールの受信」「限定楽曲や音声の受信」「限定チャットルームへのログイン」です。(順次追加予定)
設定が完了すると、『フリクル』のアーティストプロフィールページ上でプレミアムサポーターの募集が開始され、プレミアムサポーターが支払う会費のうちの最大75%がアーティストに還元されます(還元率はプレミアムサポーター数によって、段階的に増加します)。


2012年7月には「オンライン投げ銭機能」、翌8月には有料で『フリクル』の機能が拡張する「PROアーティスト会員機能」をリリースした他、カラオケ「JOYSOUND」を運営する株式会社エクシングと協同で「アーティスト応援キャンペーン」を行うなど、急加速中の『フリクル』。
10月にはデザインリニューアルも予定しております。今後ともどうぞご注目ください。


■当社代表 海保けんたろーのコメント
「世界的にCD売上は落ち込んでいるし、ダウンロード販売やサブスクリプション(定額聴き放題)はアーティストへの還元が少なく収益の軸にするのは難しい。今後の音楽業界に重要なのはライブやコミュニケーションなどの「体験」を売る仕組みと、グッズなどの「物体」を売る仕組み。しかもそれを極力中間業者がいない状態で実現する必要がある。『フリクル』はそのプラットフォームを目指します。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング