ボディデザイン専門の「THE CLINIC」が新サービスを本格始動!解剖学に基づく最高峰の脂肪吸引技術『VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)』

@Press / 2012年10月2日 11時30分

『VASER 4D Sculpt』イメージ
ボディデザインに特化した美容医療サービスを全国に展開する「THE CLINIC」(ザ・クリニック、東京院所在地:東京都西麻布、統括指導医:山川 雅之)が、芸術的なボディデザインを可能にした脂肪吸引技術による新サービス『VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)』の提供を2012年10月2日(火)から本格的に開始しました。


【『VASER 4D SCULPT』とは】
これまで脂肪吸引は、どれだけ多くの脂肪が除去できるかを重視する傾向があり、デザインまではあまり考慮されませんでした。そのため、立体感のない不自然なフラットさが目立ったり、立体的にデザインしても動きを無視した違和感のある陰影になったりする危険性がありました。
このような状況を打破するため、本来あるべき身体の陰影に着目し考案された技術が、脂肪除去に加え、美しいトータルデザインを可能とする『VASER 4D SCULPT』です。
立体的(3D)な表現に加え、解剖学にのっとった動的視点(Dynamic)で芸術的にデザインすることから「Sculpt:彫刻」と名付けられています。
この技術は、考案者であるコロンビアの形成外科医Dr.Hoyos本人から直接トレーニングを受け、ライセンスを取得した医師のみが提供できる施術となっており、ボディデザインにこだわる「THE CLINIC」では、日本で最初にこの最高峰技術を習得しました。


【『VASER 4D SCULPT』の特徴】
(1)タイプに合わせたカスタマイズが可能
全身のバランスを考慮した技術なので、部位ごとにデザインをカスタマイズし、人それぞれが思い描く理想体型を表現することができます。

(2)筋肉と脂肪のバランスを意識する概念
これまで最優先されてきた「脂肪の吸引量」を重視する考えを排除。術前に施術範囲を検討するマーキング作業を入念に行い、美しいバランスに仕上げます。

(3)『VASER(ベイザー)』を使用
あらゆる皮下脂肪(※)も少ないダメージで除去可能な最新の脂肪吸引機『VASER(ベイザー)』を使用することで、取る脂肪と残す脂肪を選択することができ、デザインの幅が広がります。

(※)従来の脂肪吸引機器ではできなかった皮膚に近い浅い層の脂肪や、肩や背中などの繊維質で硬い部位の脂肪。

●『VASER 4D SCULPT』(ベイザー4D彫刻)
公式サイト: http://www.vaser-4dsculpt.com/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング