「経営」と「知的財産」の双方を理解し、架橋する新しい高度専門職 コンテンツビジネス領域の「知的財産アナリスト」の養成を開始

@Press / 2012年10月1日 16時0分

 知的財産教育協会(東京都千代田区、代表理事会長:棚橋 祐治)は、新しくコンテンツビジネス領域に対応した、企業経営・ファイナンス・知的財産の専門知識を基礎に企業の戦略的経営に資する情報を提供できる専門人財「知的財産アナリスト」を養成する、『知的財産アナリスト養成講座(コンテンツ)』を2012年11月より開始します。

 この講座の開講により、わが国のコンテンツ分野における無形資産投資を拡大し、無形資産大国の実現に貢献したいと考えています。


【知的財産アナリスト養成講座(コンテンツ)】 http://ip-edu.org/ipa_con


■コンテンツ領域における知的財産と経営を架橋する人財の必要性
 企業の知的財産マネジメントにおいて、「経営」と「知的財産」を連動させる必要がある、という点には異論がありませんが、実践できている企業は大企業・中小企業を問わず、未だに少ないのが実情と言われています。この原因を分析した結果、企業経営・ファイナンス・知的財産という少なくとも3つの領域の専門性を持って「経営活動と知的財産活動を結びつけられる人財」、「知的財産の価値評価をできる人財」が世の中にほとんどいないことが大きな要因の一つである、という仮説に行き着きました。

 そこで、当協会では、2011年よりそのような人財の育成を目的とした養成講座を創設し、また2012年より知的財産アナリストを資格化し、人財育成に取り組んできたところ、現実の企業においてそのような人財に対する強いニーズがあること。そして、それは特許を中心とした技術の領域に限定されず、映画・アニメ・音楽・ゲーム・放送・出版等のいわゆるコンテンツビジネスを行う企業の領域まで広く存在することが判明しました。

 現在のコンテンツビジネスにおいては、デジタル化、インターネットの普及などのIT技術の進歩に伴い、コンテンツの創造や流通、視聴まで、事業環境が非常に速いスピードで変化しています。この事業環境が激しく変化する中で、コンテンツ事業を成功させるために、ヒットしているコンテンツやビジネスモデルを解析し、成功に導く法則(モデル)の可視化やコンテンツの経済的な価値評価を行い、経営戦略や知的財産戦略の策定・提案などができる人財が求められています。


■知的財産アナリストとは
 知的財産アナリストとは、企業経営・ファイナンス・知的財産に関する専門知識を有し、国内外の他社・自社の各種知的財産関連情報の収集・分析・評価・加工、知的財産あるいは企業の価値評価等を通じて、企業の戦略的経営に資する情報を提供できる特殊スキルを持つ職種のことをいいます。

@Press

トピックスRSS

ランキング