シャンプー購入動機、「頭皮にマイルド」や「ノンシリコン」が上位 一般社団法人日本シャンプー分析協会の調査

@Press / 2012年10月4日 10時30分

一般社団法人日本シャンプー分析協会(所在地:東京都港区、代表理事:増田 厚、以下 日本シャンプー分析協会)は、法人会員向けのレポート「一般消費者のシャンプー購入動機に関するアンケート調査」で、一般消費者がシャンプーを購入するポイントとして「頭皮にマイルド」や「ノンシリコン」に高い注目があると、発表しました。


■アンケートの概要
今回のアンケートは、一般消費者がシャンプーを購入する際に「何を基準にシャンプーを選ぶか」を把握することを目的とし、回答者に以下の17項目から3つを選択してもらいました。

料金/香り/容器のデザイン/泡立ちがよい/洗浄力が強い/頭皮にマイルド
髪にハリコシがでる/髪がさらさらになる/白髪予防になる
頭皮の臭い対策になる/抜け毛・薄毛予防になる/石油系界面活性剤でない
アミノ酸系界面活性剤である/シリコン無配合/パラベン無配合
ブログ等のクチコミ/有名人が使用している


アンケートは、日本シャンプー分析協会の運営するシャンプー評価・解析サイト『Dr.シャンプー』(URL: http://www.shampoo-analyst.com/ )のメール登録者約5,700人に対して依頼し、535名から回答を得ました。


■1位「料金」64%、2位「頭皮にマイルド」38%、3位「シリコン無配合」33%
アンケートの結果、「料金」を選択した人の割合が64%と最も高い選択率になりました。その次に、「頭皮にマイルド」が38%、「シリコン無配合」が33%と続きました。

シャンプーは毎日使用することから「料金」を気にする人が多いのは当然の結果と言えます。「料金」以外で、「頭皮にマイルド」や「シリコン無配合」を気にする人が多い結果となったのは注目すべき傾向です。

「頭皮にマイルド」や「シリコン無配合」が上位になった理由として、インターネットの影響力が大きいと、日本シャンプー分析協会は推測しています。多くのシャンプー販売業者が、自社商品の販売戦略として、「洗浄力の強い石油由来のシャンプーは頭皮に良くない」、「シリコンは頭皮に悪影響を及ぼす」といった情報を提供しているためです。

日本シャンプー分析協会は、石油由来の界面活性剤によるシャンプーは、頭皮の乾燥などの原因になるため、できれば控えた方が良いという方針ですが、シリコンについては、現時点において必ずしも頭皮に悪影響を及ぼすという方針ではありません。

日本シャンプー分析協会は、一般消費者の皆様がシャンプー販売業者の過剰な販売文句に踊らされることなく、自分自身に合ったシャンプーを見つけることができるよう、サポートしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング